« ■節子への挽歌1433:常懐悲感、心遂醍悟 | トップページ | ■節子への挽歌1434:「身体」のある言葉 »

2011/08/06

■広島での菅首相のスピーチに気分が悪くなりました

今朝の広島での原爆死没者慰霊式・平和祈念式をテレビで見ていたら、最後に菅首相のスピーチがありました。
聴いていて、とても気分が悪くなりました。
私には間違いなく場違いなものでした。
だれからもブーイングが起きなかったのか不思議に感じました。

ネットで調べたら、こんな記事がありました。

今後のエネルギー政策について「原発への依存度を引き下げ、『原発に依存しない社会』を目指していく」と、改めて表明した。犠牲者の追悼が目的の式典でエネルギー政策に触れるのは異例。深刻な放射能漏れを起こした福島第1原発事故を受け、首相の強い意向で盛り込んだ。
昨日までの投稿では、菅首相が政治パフォーマンスに利用しようとしているのではないかとの疑念が被爆者から上がっている、という記事もありました。
私が見た限りでは、まさにそうとしか思えませんでした。
祈りの気持ちは、私の場合はまったく汚された気がして、実に不快でした。
被爆者の一人は「静かに祈らせてほしい」と訴えているという記事も読みましたが、私なら石を投げたいところです。
少なくとも退席します。

菅首相は脱原発を目指しているという論調が少なくありません。
私には全くそうは思えません。
脱原発であろうと減原発であろうと、そんなことはどうでもいいのですが、大切なことは原発をどう捉えるかです。
もし原爆と原発の繋がりを想像できるのであれば、原発を否定すべきです。
否定するのであれば、それを海外に輸出することなどありえません。
国内で稼動している原発を即座に止めることは難しいでしょうが、問題はそうした技術論ではなく原発をどう捉えるかです。
自らの政治的立場を守るために原発を利用することほど、許されないことはありません。

私は原発を推進する考えには反対ですが、その信念を否定することはできません。
どれが正しいかは、絶対的なものではないからです。
しかしかつては原発を支持していたのに、状況が変わったから否定するという人は許せません。
しかも国内では否定するが海外であれば認めるなどという、卑しさには怒りを感じます。
自分たちはのうのうとワシントンにいて、貧しい若者をイラクやアフガンに追いやったアメリカのブッシュやオバマとなんら変わりません。

いつもは、そこからいろいろと考えさせられる広島の式典が、私には汚された感じです。
不愉快な日になりました。

|

« ■節子への挽歌1433:常懐悲感、心遂醍悟 | トップページ | ■節子への挽歌1434:「身体」のある言葉 »

平和時評」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/52404208

この記事へのトラックバック一覧です: ■広島での菅首相のスピーチに気分が悪くなりました:

» はだしのゲンが見たヒロシマ・原発切抜帖・ひろしま・あしたが消える日 [マスコミに載らない海外記事]
翻訳記事ではなく最近見た映画。並べた順序、同一の映画館で見た順番に過ぎない。いずれも、マスコミでは、ほとんど紹介されていない、と思う。人気コメディアンのバラエティ番組だけでなく、こうした番組も放送して欲しいものだが、それは永久にありえないだろう。 筆者撮影 「はだしのゲンが見たヒロシマ」:2011年 77分 漫画「はだ... [続きを読む]

受信: 2011/08/31 22:27

« ■節子への挽歌1433:常懐悲感、心遂醍悟 | トップページ | ■節子への挽歌1434:「身体」のある言葉 »