« ■節子への挽歌1521:「心が連続しているならば、生もまた連続している」 | トップページ | ■BOPビジネスの両義性 »

2011/11/01

■第2回スリーA方式認知症予防ゲーム体験フォーラムのお誘い

4月にスリーA方式認知症予防ゲーム体験フォーラムを開催しましたが、とても好評だったので、12月3日にもう一度開催することにしました。

案内は私のホームページにあります
案内チラシもありますので、ご覧ください。

前回、参加した方たちを中心に「スリーA方式認知症予防ネットワーク」なるやわらかなネットワークを発足させました。
今回のフォーラムは、そこでの議論から生まれ、フォーラム実行委員会なるものが立ち上がりました。
10人弱いますが、みんな自発的に手を挙げた人たちです。
そこで議論しているうちに、認知症予防にとどまらずに、もっと広範囲な展開を考えたいという人たちが出てきました。
このゲームの持っている楽しさや交流要素が、さまざまな分野で使えるのではないかというわけです。
実際に前回のフォーラムに参加したのも、認知症と無関係な人も少なくありませんでした。
メンバーには多様な人がいますので、話はさまざまに広がり、
とうとう楽しいコミュニケーションゲームを広げていくための新しい組織まで生まれ出しそうです。
そして、12月3日のフォーラムの翌日は、「交流のファシリテーション」を基軸に置いた講座まで開催することになりました。

あっという間に、こうしてどんどんと活動が広がっていく。
私が目指している、オートポエティックな展開です。
12月のフォーラムや研修講座で、さらに輪は広がっていくでしょう。
よかったら仲間になりませんか。

話がそれましたが、ややこしい話は別にして、12月3日の公開フォーラムは参加するときっと元気になります。
とても楽しく笑いの絶えないフォーラムです。
よかったら参加してください。
認知症予防とありますが、コミュニケーションゲームとお考えいただいてもけっこうです。

○日時:2011年12月3日(土)午後1時~5時(12時半開場)
○会場: LIXIL東京総合ショールーム 会議室
都営新宿線・東京メトロ半蔵門線 住吉駅より徒歩約5分
○参加費:1000円(資料代を含む)
○プログラム(予定)
第1部 ゲームの体験と基調講演
NPO法人認知症予防ネット理事長 高林実結樹
第2部 参加者による話し合い
○定員50名(先着順)
○申込み先:comcare@nifty.com
氏名・年齢・所属(職業)・どうして知ったか を記入してお申込みください。
受付確認のメールを返信します。
○主催:スリーA方式認知症予防フォーラム実行委員会

詳しくはチラシを見てください
http://homepage2.nifty.com/CWS/3a2.pdf

|

« ■節子への挽歌1521:「心が連続しているならば、生もまた連続している」 | トップページ | ■BOPビジネスの両義性 »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/53136386

この記事へのトラックバック一覧です: ■第2回スリーA方式認知症予防ゲーム体験フォーラムのお誘い:

« ■節子への挽歌1521:「心が連続しているならば、生もまた連続している」 | トップページ | ■BOPビジネスの両義性 »