« ■「平和の碑」の少女像 | トップページ | ■節子への挽歌1570:花かご会カレンダー »

2011/12/20

■節子への挽歌1569:挽歌が書ける生き方

節子
また挽歌のナンバーと節子がいなくなってからの日数がずれてきています。
今はまだ一つだけのずれですが、最近、ずれることが少なくありません。
挽歌が書けていない日は、必ず入浴時に何を書こうかと思うのですが、思いつかないことがあるのです。

なぜ思いつかないのか。
もしかしたら「忙しい生き方」になっているからかもしれません。
いうまでもなく、「忙しい」とは「心を亡くすこと」ですから、挽歌など書けるはずもありません。
こういう生き方は、私が一番恥としている生き方です。
忙しいうちが花、などと言う人もいますが、そんな生き方は私には恥ずかしい生き方です。

実は「暇」な時にも挽歌は書けません。
なにか意味のある活動をしていると、必ず書くことが自然と浮かんできます。
忙しいことと暇なことは、私にとっては同じことなのです。

挽歌が自然に書けるかどうか。
これが最近の私の一つの生き方の基準になっています。
最近の毎日の過ごし方は本意ではありません。
どこに間違いがあるのでしょうか。
もしかしたら、生き方が粗雑になっているのかもしれません。
だから忙しかったり暇だったりするのでしょう。

今年の年末年始は予定をほとんどいれないことにしました。
まもなく生活も正常化するでしょう。
挽歌もきっとまた無理なく書けるようになると思っています。

節子
もう少し待っていてください。

|

« ■「平和の碑」の少女像 | トップページ | ■節子への挽歌1570:花かご会カレンダー »

妻への挽歌08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1569:挽歌が書ける生き方:

« ■「平和の碑」の少女像 | トップページ | ■節子への挽歌1570:花かご会カレンダー »