« ■節子への挽歌1701:読書三昧 | トップページ | ■節子への挽歌1703:神を超える »

2012/04/30

■節子への挽歌1702:タケノコ三昧

三昧といえば、いまもう一つの三昧があります。
この季節は毎年なのですが、タケノコ三昧です。

私はタケノコ料理が大好きです。
ところが今年は福島の原発事故による放射線汚染で、周辺のタケノコがほぼすべて出荷停止になってしまいました。
そのため、わが家の食卓にはタケノコ料理が並ばないでいたのです。
今年はあんまり食べられないかなと思っていました。
ところが連休の直前に、福井にいる節子の姉からどっさりとタケノコが送られてきました。
いつもならおすそ分けするところなのですが、今年は半分以上をわが家で独占してしまいました。
それでこの数日、毎日、タケノコ料理です。
今日はタケノコの煮物とタケノコご飯とタケノコのキッシュです。
節子が元気だった頃、いろんなタケノコメニューをやってくれたおかげで、いまも娘たちがそれを引き継いでくれているのです。
わけのわからないタケノコカレーなどと言うのもありました。

ユカが、お母さんがせっかく料理を教えてくれたのだから、自分で少しは料理したらといいますが、やはり料理してもらったものを食べるのが私の性にあっています。
さて、明日はどんなタケノコ料理でしょうか。

Takenoko


|

« ■節子への挽歌1701:読書三昧 | トップページ | ■節子への挽歌1703:神を超える »

妻への挽歌09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1702:タケノコ三昧:

« ■節子への挽歌1701:読書三昧 | トップページ | ■節子への挽歌1703:神を超える »