« ■問題だけを見ていても問題は見えてきません | トップページ | ■節子への挽歌1778:暑さの中での思考は、人を不幸にするのかもしれません »

2012/07/27

■節子への挽歌1777:猛暑日

節子
今日も猛暑日です。
「猛暑日」などという言葉は、節子は聞いたことがないでしょう。
予報用語としてつくられたのは2007年だそうですが、よく耳にするようになったのは今年からです。
35度以上の日を猛暑日と言うのだそうです。

節子がいなくなって以来、世界は大きく変わってきています。
まあ私の世界の見方が変わっただけなのかもしれませんが、かなり変質してきているような気がします。
都心はどんどん壊れだして廃墟化しつつありますし、人々の生き方は惰性的になってきています。
世界の経済はもう息絶え絶えですし、政治に至っては茶番劇の繰り返しです。
みんなオリンピックにうつつを抜かし、贋物のグルメがはびこっています。
まさに、荒廃期のローマ、パンとサーカスの時代です。

とまあ、こう書くといかにも大仰ですが、ある意味では、節子は良い時代を生きていたのかもしれません。
そんな気もする一方で、しかし、節子はもしかしたら、こうした「荒廃した時代」が好きだったかもしれないとも思います。
新しい丸の内も六本木も、私と違って、節子は好きだったかもしれませんね。

しかし、最近の猛暑続きはさすがの節子も好きにはなれないでしょう。
それほど暑い。
しかし、こうした暑さが好きだった時代も、私たちにはありました。
暑い暑いといいながら、首に手ぬぐいを巻いて、庭仕事をしていた節子が見えるような気がします。
節子がいたら、どんな猛暑日もきっと楽しめたでしょう。
一人だと、ただただ暑いだけで、やり切れません。

今日はこれから湯島に向かいます。
我が家にはないクーラーがあるので、熱中症にならずにすみますし。

|

« ■問題だけを見ていても問題は見えてきません | トップページ | ■節子への挽歌1778:暑さの中での思考は、人を不幸にするのかもしれません »

妻への挽歌09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1777:猛暑日:

« ■問題だけを見ていても問題は見えてきません | トップページ | ■節子への挽歌1778:暑さの中での思考は、人を不幸にするのかもしれません »