« ■節子への挽歌1795:花かご会も10周年 | トップページ | ■節子への挽歌1796:訃報続き »

2012/08/10

■「原発はコストは高く、リスクが高い」

昨夜の報道ステーションで、城南信用金庫の吉原理事長が、原発に関して実に明確な発言をされていました。
城南信用金庫といえば、いち早く「脱原発」を宣言したところです。
それをもう一度観たいと思い、ネット検索しましたが残念ながら見つかりませんでした。
吉原さんの発言を再現できないのが残念ですが、彼は、このような発言をしていました。

財界は原発が必要だと言っているが、実際に現在の電力会社以外で、原発事業をやるところがあるのか。ないだろう。
原発事故の被害をみればわかるように、原発はコストは高く、リスクが高いから、そもそも融資をしてくれる金融機関などない。
自分でできないことをやらせてはいけない。
経団連のトップは間違っている。

実に素直な発言です。
しかし、こんなことは経団連のトップたちは百も承知のはずですから、彼らは「間違っている」のではなく、犯罪者でしかない、と私は思っています。
政治家もそうでしょう。
枝野さんや細野さんが、吉原さんほどの知性と勇気があれば、流れは変えられたはずです。
素直に考えれば、真実はそこにある。
今でも原発コストが安いと言っている人たちは、犯罪に加担しているか、買収されているだけの話です。

昨夜の吉原さんの発言には改めて感激しました。
ちなみに、その発言を受けた古館さんの応対は、あまりにひどかったと思います。
「それが吉原さんのお考えですね」と、いかにも人をバカにしたような応対でした。
この人もたぶん、お金の餌食になって、口だけの人になってしまっているのでしょうか。

|

« ■節子への挽歌1795:花かご会も10周年 | トップページ | ■節子への挽歌1796:訃報続き »

経済時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/55391512

この記事へのトラックバック一覧です: ■「原発はコストは高く、リスクが高い」:

« ■節子への挽歌1795:花かご会も10周年 | トップページ | ■節子への挽歌1796:訃報続き »