« ■節子への挽歌1809:親孝行 | トップページ | ■節子への挽歌1810:送り火 »

2012/08/15

■竹島問題

今日は終戦記念日です。
マスコミはいろいろと特集を組んだりしていますが、もう遠い昔の話になってしまいました。
しかし、過去ではなく未来を見れば、意外とそちらのほうが近いのかもしれないと思うほど、世界は乱れてきています。
統治する仕組みが壊れだしているような気がします。

そうした当地の緩みの中で、領土問題がいろいろとにぎやかになってきています。
土地を私的所有するという発想になじめない私としては、領土問題もまた、なかなか理解できません。
すべての土地は、地球からの借り物であり、所有地といえども所有者の勝手にはできないと私は思っています。

それはそれとして、竹島に関しては韓国大統領の言動が世間を騒がせています。
日本の所有権はサンフランシスコ講和条約でも確認されているようですが、1951年以降、韓国が軍事的に占有しているのも事実です。
半世紀以上にわたり、韓国の占有が続いていることを私は知りませんでした。

それにしてもなんで誰も住んでいない島を巡って、みんなこれほど騒ぐのでしょうか。
これはたぶん「国家」という制度のせいでしょうが、政府が騒ぐのはともかく、底にいったこともない人がどうして関心を持てるのかが私は理解できません。
韓国では、以前、そんなに問題になるのなら島を爆破してしまえという主張もあったようですが、なかなかいい案です。
そんな騒ぎで人身が怪我をしてはつまりません。

オリンピックで竹島は韓国のものだというメッセージをした選手が問題になっていますが、国家という制度はまことに恐ろしい魔力を持っています。
そろそろ「近代国家」の呪縛から自らを解き放さなければいけません。

反応が恐ろしいですが、終戦記念日に、私が思ったことのひとつです。

|

« ■節子への挽歌1809:親孝行 | トップページ | ■節子への挽歌1810:送り火 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

力は正義である。
我々の力の及ばぬところに、我々の正義は通用しない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012/08/15 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/55429806

この記事へのトラックバック一覧です: ■竹島問題:

» 中国との対立の醸成 [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2012年4月30日 ワシントンは、属国フィリピンに、南シナ海で共同軍事演習を行うよう圧力をかけてきた。ワシントンの口実は、中国にはフィリピンやインドネシアや、他の国々と、南シナ海の島や領海権を巡って領土紛争があることだ。インドネシアやフィリピン等との中国の領土紛争は、アメリカ合州... [続きを読む]

受信: 2012/08/15 23:09

» 韓国大統領発言:「悪影響、数年続く」日本側懸念  天皇訪韓「心から謝罪を」 [自分なりの判断のご紹介]
今日、8月15日は 「終戦記念日」。 同時に韓国では 「解放記念日」を 意味する「光復説」。 すべてはこの 「解放」という概念、 1910年の日韓 併合による日本に よる植民地支配が あった...... [続きを読む]

受信: 2012/08/16 01:26

» "カラー革命"手法の完成-幼児期に退行する欧米指導部 [マスコミに載らない海外記事]
Thierry Meyssan 2012年8月7日 Information Clearing House 1985年、社会科学者、ジーン・シャープは、NATOから委託された研究『ヨーロッパを征服できなくする』を刊行した。究極的に、ひたすら国民がそれに従うことに合意しているがゆえに、政府が存在できるのだということを彼は指... [続きを読む]

受信: 2012/08/17 22:57

« ■節子への挽歌1809:親孝行 | トップページ | ■節子への挽歌1810:送り火 »