« ■節子への挽歌1875:写真は忘れ去るための記録 | トップページ | ■節子への挽歌1876:最後の1枚を燃やしてしまう勇気 »

2012/10/21

■野田首相の約束は財務官僚との約束

日本の政治はいまやほぼ関税に財務官僚に掌握されたような気がします。
テレビで、安住財務省がいまなお「野田首相は約束を守る人だ」と言っていましたが、野田首相が大事にしているのは「財務官僚との約束」なのでしょう。
谷垣さんとの約束でも、国民との約束でもないのです。
今朝のTBSの時事放談の藤井さんの発言もまさに財務官僚の約束を実現させるために野田首相に働きかけていることが感じられます。
彼もまたお金にじゅばくされてしまっているのでしょう。
違憲状態では解散はできないという自己否定の発言にさえ気づいていないのですから。
野田・藤井・安住。すべて財務省の洗脳を受けた人たちです。
そのことを踏まえて現在の政治状況を考えると、実にさまざまなものが見えてきます。

最近、話題になった孫崎さんの「戦後史の正体」は、対米追従という軸で戦後史をみることで問題を整理してくれていますが、どの軸で見るかはとても大切です。
軸がなければ、あるいは自らの視点がしっかりしていなければ、状況は見えてきません。

人はそれぞれに視点も視野も、価値観も違います。
同じものを見ても、全く違ってきます。
ジョン・バージャーは書いています。
「コカ・コーラはアメリカ人にとっては郷愁であり、ロシア人や中国人にとっては憧れであり、イスラム原理主義者にとっては悪魔のシンボルである」と。
まったくその通りでしょう。
アメリカのオバマ政権や日本の財界や財務官僚にとっては、野田政権は信頼できる政府でしょうし、小沢・鳩山ラインは悪夢の政府だったでしょう。
とても残念なのは、国民の多くが、お金まみれの状況の中で軸が見えなくなっていたことです。
もし真実をしっかりと見たいのであれば、お金まみれの生活から抜け出なければいけません。
財政危機論に騙されてはいけません。
財政が破綻して、困るのは誰か。
しっかりと生きている人には困ることなどないでしょう。
困るのはお金まみれの人たちです。
日本には豊かな自然があります。
広い国土にはまだまだ食料を生み出してくれる大地はたくさんあることを忘れてはいけません。

小沢さんたちの「生活」が何を意味しているのか、まだよくわかりませんが、生活を基軸にした経済生活に戻りたいものです。
イバン・イリイチは「幸福は、共に働き、互いをケアするなかに存在する」と言っています。

|

« ■節子への挽歌1875:写真は忘れ去るための記録 | トップページ | ■節子への挽歌1876:最後の1枚を燃やしてしまう勇気 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします

投稿: モンクレール ダウンベスト レディース | 2012/11/17 08:33

人はそれぞれに視点も視野も、価値観も違います。

投稿: モンクレール ダウン | 2012/11/30 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/55937769

この記事へのトラックバック一覧です: ■野田首相の約束は財務官僚との約束:

« ■節子への挽歌1875:写真は忘れ去るための記録 | トップページ | ■節子への挽歌1876:最後の1枚を燃やしてしまう勇気 »