« ■原発地域の断層議論の仕方 | トップページ | ■節子への挽歌1946:「みずから」と「おのずから」の「あわい」 »

2012/12/29

■福島の原発被害者を支援する気が一挙に萎えてしまいました

今日、福島に行った安倍首相に住民たちが笑顔で握手を求めているシーンがテレビで報道されていました。
この人たちは一体なんなのだろうかと唖然としました。
福島県民はまだ原発がほしいのでしょうか。
県知事だけかと思っていたら、福島県民も同じなのかとがっかりしました。
少しは他の地域の人も迷惑を考えてほしいものです。
こういう人たちが原発を推進してきたのでしょうね。
福島の原発被害者を支援する気が、一挙に萎えてしまいました。
実にかなしいシーンでした。

|

« ■原発地域の断層議論の仕方 | トップページ | ■節子への挽歌1946:「みずから」と「おのずから」の「あわい」 »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/56419812

この記事へのトラックバック一覧です: ■福島の原発被害者を支援する気が一挙に萎えてしまいました:

« ■原発地域の断層議論の仕方 | トップページ | ■節子への挽歌1946:「みずから」と「おのずから」の「あわい」 »