« ■節子への挽歌1977:人は本来、癒しあう関係で、生きている | トップページ | ■暴力の配分システム »

2013/02/06

■節子への挽歌1978:外は雪です

節子
また雪です。寒いです。
その上、ちょっと体調まで崩してしまいました。
今年はコタツをたてずに冬を超えようと思っているのですが、コタツに入りたい気分です。
午後から出かける予定ですが、今日は午前中、外出をやめて家で安静にしていました。
外はみぞれですが、風も強く、寒々さが伝わってきます。

もし節子がいたら、どんな暮らしになっているかなとふと考えてしまいました。
今とはかなり違う生き方になっているはずです。
考えてみると、生き方を変えようと思って、私が1年間、仕事を辞めるという時に、節子の胃がんが発見されてしまったのです。
人生はいかにも皮肉です。
私の身体の状況が悪かったのに、その私はなんともなく、節子が病魔にとらわれてしまったのです。
最後のオープンサロンの時の節子からは、そんなことは思いもしませんでした。

節子がなんともなかったら、私たちの第3のステージはどんなものになっていたでしょうか。
おそらく慎ましやかに、静かに、あまり世俗には関わることなく、しかし世俗との縁を深めながら、ゆっくりと暮らしていたはずです。
もしかしたら、湯河原に転居していたかもしれません。
地中海地方への安価なツアーにも参加していたでしょう。
今日のような寒い日は、コタツでみかんを食べながら、意味もない四方山話をしていたでしょう。

雪はまだ降っています。
さてそろそろ出かけますか。
ちょっと気が重いですが。

|

« ■節子への挽歌1977:人は本来、癒しあう関係で、生きている | トップページ | ■暴力の配分システム »

妻への挽歌10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1978:外は雪です:

« ■節子への挽歌1977:人は本来、癒しあう関係で、生きている | トップページ | ■暴力の配分システム »