« ■節子への挽歌2086:陶器市 | トップページ | ■あなたの帽子はかぶり心地がいいですか »

2013/05/19

■橋下大阪市長の戦う姿勢に共感を覚えてしまうのはなぜでしょうか

最近物議をわかしている大阪市長の橋下さんの発言は、どう考えても、賛成はできません。
とんでもない薄汚れた話だと思っています。
本人も言っているように、四面楚歌状況になってしまってもおかしくないでしょう。
そもそも橋下さんの政治思想は、私とは正反対のものです。

にもかかわらず、です。
テレビで話している橋下さんの姿を見ていると、なぜか親しみを感じます。
たとえば、記者会見で、そんなこと言うなら、もう会見はやめますと、駄々っ子のような発言をする橋下さんは、私の好みです。
マスコミのレベルが低いと言い切るのも拍手を送りたいです。
本当に日本のマスコミのレベルは低いし、記者の多くは根性も誠意もありません。
まあ橋下さんにとっては私たち日本人はみんな馬鹿に見えるのかもしれませんが、それもかなり同意したい気もします。
もちろん私も含めてです。
彼は、私を馬鹿呼ばわりしても許されるほど、がんばっています。

昨日か一昨日でしたか、みのもんたさんの番組で、橋下さんがコメンテーターたちの質問にかなりていねいに応えているのを見ました。
それを聴いていて、やはり橋下さんに理があるなと思いました。
繰り返しますが、橋下さんの考えには私は全く賛成しませんし、呆れてものがいえないほどにレベルの低い考えだと思っています。
にもかかわらず、いわゆる有識者たちとの質疑を聞いていると、なぜか橋下さんのほうに共感したくなるのです。
民主党の長妻議員もその一人でしたが、あの冷静で理にかなっている長妻さんでさえ、橋下さんとは相手にさえならないほどでした。

そのやりとりを聴いていて、橋下さんが好きになりそうです。
私には、薄汚く無知な知識と思想しかないように見える橋下さんが、輝いて見えるのはなぜでしょうか。

それにしても、政治思想や価値観が私とは正反対の小沢さんや橋下さんに、親近感と期待感を持ってしまうのはなぜでしょうか。
実に困ったものです。

ちなみに、こうもみんなからたたかれてしまうと、橋下さんを応援したくなりますね。
彼が誠実に生きているからでしょうか。

|

« ■節子への挽歌2086:陶器市 | トップページ | ■あなたの帽子はかぶり心地がいいですか »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/57419175

この記事へのトラックバック一覧です: ■橋下大阪市長の戦う姿勢に共感を覚えてしまうのはなぜでしょうか:

« ■節子への挽歌2086:陶器市 | トップページ | ■あなたの帽子はかぶり心地がいいですか »