« ■節子への挽歌2211:すべてのさいわいをかけて、まっすぐにすすむ | トップページ | ■家族をどう考えるか »

2013/09/22

■節子への挽歌2212:「死者」の誕生

節子
鷲田さんの「〈ひと〉の現象学」は面白かったです。
そのなかに、「ひとは死して、生者から死者への語りかけのなかで、こんどは生者に語りかける死者として生まれなおす」という文章が出てきました。
とても納得できました。
死は「死者」の誕生なのです。

生者と死者は違う世界に生きていますが、お互いに語りかけが出来るのです。
私は、毎朝、節子に語りかけ、挽歌を通しても、節子に語りかけています。
節子もまた、私に語りかけてきています。
他の人には聞えないでしょうが、私には聞えます。
語りかけは、一方的な行為ではなく、関係性の現象だからです。

語りかける生者がいないこともさびしいことでしょうが、語りかける死者がいないこともさびしいことです。
そのことに気づいていない人が多いように思います。
いや、もしかしたら、死者に語りかけることを知らない人も、最近は増えているのかもしれません。

それにしても、「人は死ぬことで死者として生まれる」という発想が新鮮でした。
もし、人が此岸と彼岸を転生しているのであれば、まさに死は生を、そして生は死を意味します。
そして、此岸と彼岸とが語り合える世界であるのであれば、そういう関係での生き方を学ぶのが良さそうです。

明日はお彼岸の中日です。

|

« ■節子への挽歌2211:すべてのさいわいをかけて、まっすぐにすすむ | トップページ | ■家族をどう考えるか »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2212:「死者」の誕生:

« ■節子への挽歌2211:すべてのさいわいをかけて、まっすぐにすすむ | トップページ | ■家族をどう考えるか »