« ■節子への挽歌2216:時間はあっても余裕がないこともあります | トップページ | ■節子への挽歌2217:自らの「いのち」でないいのちを生きること »

2013/09/26

■JR北海道の安全問題にふと考えたこと

JR北海道の安全問題が大きな話題になっています。
相次ぐトラブルに、地元の人は不安と不信を強めていることでしょう。
私は北海道には当面行くこともないので、自分には降りかからない問題だと考えることもできます。
最近の企業の経営規律が崩れているというように、企業の問題にしてしまうこともできます。
しかし、どこかに別のメッセージを感じます。

北海道の人たちは、JR北海道に不信感を持っても、遠距離移動の場合には利用しないわけにはいかないでしょう。
いわゆる社会のインフラストラクチャーとは、そういうものです。
そうした社会のインフラストラクチャーが信頼できなくなったとしたら、どうなるでしょう。
信頼できなくとも頼らなければいけません。
ということは、社会のインフラストラクチャーは、誰かに任せてはいけないということです。
自分たちでつくり、整備していかなければいけない。
だから昔は、住民体がみんなで「道普請」していたわけです。

電力も社会のインフラストラクチャーです。
水道もそうでしょう。
そうしたものを、私たちは最近、みんな誰かにゆだねてしまったわけです。
それも多くの場合、「民営化」の名の下に企業に、です。
そこに大きな間違いがあったのではないか。
そんな気がします。
生きるために不可欠ともいえる、水やエネルギーを、私たちはもっと自給することが大切かもしれません。

鉄道の問題に戻れば、鉄道などに乗って遠出することをやめれば良いのです。
乗る時には、高額な料金を払い、鉄道を守っている人たちに感謝すれば良いのです。
そうすれば、安全問題は大幅に改善されるでしょう。
悪いのはJR北海道の、少なくとも現場の人たちではありません。
その話は、実は原発にも繋がっています。
言い換えれば、どこかに私たちの生き方の問い直しが、メッセージされているような気がします。

ちょっと消化不足ですが、なんとなく気になったものですから。

|

« ■節子への挽歌2216:時間はあっても余裕がないこともあります | トップページ | ■節子への挽歌2217:自らの「いのち」でないいのちを生きること »

生き方の話」カテゴリの記事

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/58271287

この記事へのトラックバック一覧です: ■JR北海道の安全問題にふと考えたこと:

» ザ・ウォーター・ウォー(水戦争)と複雑なことに取り組む必要性 [マスコミに載らない海外記事]
2010年トロント国際映画祭 -第三部 David Walsh 2010年10月1日 ザ・ウォーター・ウォー イシアル・ボジャイン監督(スペイン)と脚本家ポール・ラヴァーティ(イギリス)による、『ザ・ウォーター・ウォー』(英語題名イーブン・ザ・レイン=雨さえも(スペイン語はタンビェン・ラ・ジュヴィア)は、ロント映画祭で... [続きを読む]

受信: 2013/09/27 03:09

« ■節子への挽歌2216:時間はあっても余裕がないこともあります | トップページ | ■節子への挽歌2217:自らの「いのち」でないいのちを生きること »