« ■映画『ハンナ・アーレント』を観ました | トップページ | ■スリーAゲーム×箸ピーゲームのジョイントサロン »

2013/11/26

■節子への挽歌2276:節子の隣での読書の思い出

節子
最近寝不足が続いています。
夜中に目が覚めてしまうことが多いのです。
眠れないので、本を読み出すこともあります。
寝る前にベッドで読書をするとすぐに眠くなるのですが、真夜中に目覚めた時の読書は眠くなりません。
なぜでしょうか。
それでまあ寝不足が続いているわけです。

そんなこともあるので、最近はベッドの横に書籍が積まれています。
夜中の読書用の本は、いずれも以前読んだ本だけにしています。
昨夜、読んだのは古田武彦さんの「真実の東北王朝」です。
本もおもしろいのですが、最初に読んだ頃のことを思い出せるのも、もう一つの効用です。

東北は、いつか節子とゆっくりと出かけるところでしたが、結局、バスツアー旅行しか行けませんでした。
節子は三陸海岸に行きたいとずっと言っていましたが、私は十三湖が希望でした。
結局、そのいずれにも行かず、秋田の角館とか弘前にしか行けずに終わってしまいました。
悔いが残ります。

「真実の東北王朝」は、真偽が問われている古代史の書「東日流外三郡誌」をテーマにした作品です。
「東日流」は「つがる」と読みます。
そこに十三湖が出てきます。
私にとっては、とても夢のふくらむ本なのです。
しかし、現実派の節子は、そうした古代の夢にはあまり関心を持ちませんでした。
私は「見えない風景」が好きですが、節子は「見える風景」がすきだったのです。
エジプトに行った時も、私には古代エジプトの華やかさが見えましたが、節子からはただ泥の塊じゃないのと言われてしまいました。
まったく困ったものです。

「真実の東北王朝」は、節子がいなくなったせいか、以前読んだ時よりも面白かったです。
読了していませんが、また今夜も夜中に目が覚めたら、読もうと思います。
寝不足はもうしばらく続きそうです。

しかし、書いていて思い出しましたが、節子が元気だった頃も時々、真夜中に本を読んでいたことがありました。
節子に、迷惑ではないかと訊いたら、隣で本を読んでいると安心して眠れると言ってくれました。
寝ている節子の隣で本を読む幸せは、もう体験することはありません。
あれは至福の時間でした。

|

« ■映画『ハンナ・アーレント』を観ました | トップページ | ■スリーAゲーム×箸ピーゲームのジョイントサロン »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

佐藤様 こんばんは

眠れない日が続いているにも係わらず、深夜の読書をしてしまい奥様の思い出が蘇えるのは
佐藤様ご夫婦の心と心が繋がっているからではないのでしょうか・・

おそらく、いや間違いなく奥様も喜んでおられることでしょうね、「また、本をよんでるわね」
心と心、言い換えれば魂と魂の繋がった二人(夫婦)は、否応なしに離れることはできないのかもしれません

このようなことを言うと他人様からは
「妻を亡くしておかしくなったんじゃないか」と、笑われるかもしれないのですが
私はそのように信じております。

佐藤様夫婦と私たち夫婦は、まったく別の人生を歩んできたわけですが、共有できる部分があるように思っています。
そのうちのひとつが、亡くなった伴侶を今も愛し続けていると言うこと。
廻りの人たちは妻のことを、もう過去のことのように話したりしてくれるのですが、私は今も現在進行形なのです。

妻との夫婦関係は終わったのではなく
妻は少し休憩の旅に出ているのだと考えたり、私に修業の時間を与えてくれたのではと思ったりしております。

どのような訳にしても、私たちの心には別離は永遠にないと信じてやむことはないのが本心です。

佐藤様の記事を読むたびに、この思いが強くなります。

投稿: 山陰太郎 | 2013/11/27 17:51

山陰さん
いつもありがとうございます。
私も基本的に山陰さんと同じなのですが、
もしかしたら、
>「妻を亡くしておかしくなったんじゃないか」
というのは正しいかもしれませんよ。
私自身は、やはりおかしくなったなと実感しています。
でもそれが悪いとは思ってはいませんが。

最近、困ったことにますます「おかしくなっている」自分に気づきます。
困ったもですが。

寒くなりました。
山陰さん
真夜中の投稿が時々ありますが、あまりご無理のありませんように。
夜はお互いにゆっくり寝ましょう。
まあ、それがなかなかうまく行かないのですが。

どうぞご自愛くださいますように。

投稿: 佐藤修 | 2013/11/28 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2276:節子の隣での読書の思い出:

« ■映画『ハンナ・アーレント』を観ました | トップページ | ■スリーAゲーム×箸ピーゲームのジョイントサロン »