« ■節子への挽歌2264:ふだんのくらしをしあわせに | トップページ | ■放射性汚染土壌の除染実験のご案内 »

2013/11/14

■節子への挽歌2265:死の迎え方

節子
昨日の湯島のサロンに、若い僧侶の中下大樹さんが参加してくれました。
お寺に生まれたわけではないのですが、思うことあって、僧籍を得て、さまざまな活動に取り組んでいる人です。
今年の春に、自殺のない社会づくりネットワークで開催した集まりで知り合いました。
若いにもかかわらず、500人ほどの最期を看取った体験をお持ちです。

昨日の集まりで、ある人が、孤独死の何が問題なのかと問題提起したのをきっかけに、話がいろいろと飛び交ったのですが、最後に中下さんが人の最期について語ってくれました。
ほとんど人は、やはりさびしがるそうです。
しかし、なかには泰然と死に向かう人もいるそうです。
人の最後に、その人の人生が凝縮して現れてくるのかもしれません。

節子の最期は、どうだったでしょうか。
少なくとも右往左往はせずに、さびしがることもなく、家族に囲まれて、自然に、眠るように、旅立ちました。
右往左往したのは、家族でした。
死は、本人の問題ではなく、周りの人たちの問題だという思いがします。

孤独死が問題なのは、孤独死そのものではなく、孤独死を迎えてしまう「生き方」です。
死は、本人にとっては、体験もできないことですから。

死は、周りの人たちへの大きなメッセージです。
そのメッセージをどう受け止めるかは、人それぞれでしょうが、とりわけ身近な人の場合は、そのメッセージをうまく受け止められないような気がします。
メッセージをうまく受け止められないと、立ち直ることも難しい。
私の場合は、5年ほどかかりました。
しかし、そのメッセージを解読するには至っていません。
ただ、そのメッセージが、私の生きる力になっているような気がしています。

節子との突然の別れ。
それに右往左往した自分が腹立たしくもあります。
人の死は、周りの人にも、その生き方や価値観を露呈させる働きがありそうです。
私は泰然と死を受け容れて、自然に旅立てるか、ちょっと不安があります。
節子がいたら、そうできる確信はあったのですが。

|

« ■節子への挽歌2264:ふだんのくらしをしあわせに | トップページ | ■放射性汚染土壌の除染実験のご案内 »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

佐藤様  おはようございます

ひとり残されたオヤジは、誰しもが孤独感を味わうことになりますね
そして
その孤独感も人それぞれに違ったものです

また、妻に対する愛の違いにも、孤独感の違いが表れてきます
私と佐藤さんはよく似た感情を伴侶に抱いているようですが、それでも現在の人生模様によって
孤独感は多少違ってくるのかもしれませんね

私と佐藤さんとの大きな違いは、人と成りかもしれません
わたしは他人様からは、身勝手な亭主関白のようにみられていたのですが、実際には気の小さな
駄々っ子のようなものでした。
それは妻だけが知っていたのでしょうね

わたしは死に際の孤独感は、看取ってくれる人がいなくても、孤独とは考えてはおりません
病に伏せ病院のベットの上なのか、また自宅の布団の上で最後を迎えるとすれば
子供達は看取ってくれるかもしれませんが
事故や道端での急死の場合は、独りで最後を迎えることになります

どのような死に際になったとしても、必ず先人となった妻がすぐ傍に迎えに来てくれることを
信じています。
わたしは孤独死という死にざまよりも、それに至る前の孤独感こそ耐えがたいものではと考えております。

投稿: 山陰太郎 | 2013/11/15 09:36

山陰さん
ありがとうございます。
まったく同感です。
孤独死が問題なのではなく、孤独な生き方が問題なのだろうという話が、その集まりでもでました。

投稿: 佐藤修 | 2013/11/18 11:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2265:死の迎え方:

« ■節子への挽歌2264:ふだんのくらしをしあわせに | トップページ | ■放射性汚染土壌の除染実験のご案内 »