« ■節子への挽歌2276:節子の隣での読書の思い出 | トップページ | ■だれもかれもニーメラー »

2013/11/27

■スリーAゲーム×箸ピーゲームのジョイントサロン

私がささやかに関わっている2つのゲームを組み合わせた、ちょっと長時間のサロンを開催することにしました。
一つは、京都のNPO法人認知症予防ネットが取り組んでいる「スリーA方式認知症予防ゲーム」です。
その効用はいまや関西だけではなく、全国ベースで広がりだしています。
認知症予防が入り口でしたが、私自身はむしろもっと広範囲の効用があると思っています。もう一つの箸ピーゲームは、最近も時々、ここでも紹介しているので、ご存知の方もあるでしょう。

今回は、その2つをつなげてしまうことにしました。
しかもそのつなぎの合間に、それぞれの推進者の高林さんと小宮山さんのミニトークショーをやることにしました。
高林さんからは、先日、紹介した「古代の天皇はなぜ長生きにされたのか」。小宮山さんからは「なぜ、なぜなぜと問い続けないといけないか」が予定の話題です。
詳しい案内は私のホームページに掲載しています。
http://homepage2.nifty.com/CWS/info1.htm#131217
平日の午後なので、そんな時間にはいけないよと言う人が多いでしょうが、そんな時間だからこその企画です。すみません。

どういう展開になるかは、企画者の私にも確信は持てません。
違うものをつなげることで、何かが生まれてくるという、私の好きな発想に基づく、思いつき企画なのです。
長時間なので、どこかに重点を置いて参加していただければと思います。
ゲームを体験した事のない人も、これを機会にぜひ気楽に遊びに来て下さい。
1回の参加で、これから世界に飛び立とうとしている2つのゲームを体験できます。

○日時:2013年12月17日(火曜日)午後2~6時
    遅れての参加も含めて、途中の出入り自由です。
○場所:湯島コムケアセンター
  http://homepage2.nifty.com/CWS/cws-map.pdf○参加費
  500円
○申込先
  comcare@nifty.com

|

« ■節子への挽歌2276:節子の隣での読書の思い出 | トップページ | ■だれもかれもニーメラー »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/58654479

この記事へのトラックバック一覧です: ■スリーAゲーム×箸ピーゲームのジョイントサロン:

« ■節子への挽歌2276:節子の隣での読書の思い出 | トップページ | ■だれもかれもニーメラー »