« ■節子への挽歌2255:妻のお陰さん | トップページ | ■「小さな満足、大きな不満」 »

2013/11/05

■節子への挽歌2256:畑がきれいになりました

節子
昨日、斎藤さんと桜井さんがやってきて、わが家の家庭菜園の草刈りをしてくれました。
世の中には親切な人もいるものです。
斎藤さんは、大畑さんの紹介で、つい1か月ほど前に知り合った人です。
その大畑さんも、最近知り合った人です。
先月、おふたりは湯島に来てくれ、ほんの少しだけの相談に乗ったのです。
ただそれだけのことなのですが、わが家の畑が草ぼうぼうのことを知っていた大畑さんが、草刈りに行くといってくれたのです。
おふたりとも休日もボランティアで超多忙な人たちですので、冗談だと思っていたのですが、本気だったのです。
大畑さんは今日は来られなかったので、斎藤さんが桜井さんを誘ってくれたようです。
しかし不思議です。
知り合ったのはつい最近、しかも桜井さんは面識もない人です。
その人たちが、小雨のなか、わが家の畑の草刈りをしているのです。
どう考えても、不思議ではないですか。

しかしお話していたら、少しだけ接点があるのです。
3人とも実は我孫子市役所の人なのですが、それぞれにささやか接点がありそうです。
特に斎藤さんは、節子たちが立ち上げた駅前の花壇整備に取り組む花かご会を応援してくださっていたおひとりです。
そのお話を聞いただけで、私は斎藤さんを年来の友のように感じてしまったわけです。
人のつながりは、ほんとに不思議で、知り合ってからの時間の長さとは関係ありません。

草がすごくて、もう手の出しようもなかった畑が見事にきれいになりました。
これからはきちんと手入れしなければいけません。
そうでないと斎藤さんや大畑さんに合わす顔がありません。

それにしても、どうしてこんなに気持ちの良い人が最近、私の前に次々と現れるのでしょうか。
私が元気をなくしていたのを心配して、節子がお天道様にお願いしてくれたのでしょうか。
節子に感謝したいと思います。
いや、お天道様に感謝すべきかもしれません。
まあ、それ以上に、斎藤さんと桜井さんと大畑さんに感謝です。
良い人と時間を共有すると、元気が出てきます。
ありがとうございました。

|

« ■節子への挽歌2255:妻のお陰さん | トップページ | ■「小さな満足、大きな不満」 »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2256:畑がきれいになりました:

« ■節子への挽歌2255:妻のお陰さん | トップページ | ■「小さな満足、大きな不満」 »