« ■シリアとタイと日本、どの国が一番、民主的だろうか | トップページ | ■節子への挽歌2280:これからの人生に必要ない物 »

2013/11/29

■節子への挽歌2279:箱根

節子
箱根の小涌園に来ています。
箱根ホテルで恒例の経営道フォーラムの合宿です。
毎年、ここには数回来ていますが、芦ノ湖に上がることはほとんどありません。
箱根をゆっくりと楽しむ気分にはなかなかなれないのです。
それでも最近は節子がいなくなってからの数年とは違って、風景を見る余裕が出てきました。
そういう意味では、時間は心をいやしてくれるのかもしれません。
以前は、時間が癒すなどという言葉に反感さえ感じたものですが。

今日は朝早く家を出たのですが、案内をきちんと読まなかったため、ホテルで2時間も空き時間ができてしまいました。
ロビーで景色を見ながらぼんやりとしています。
寝不足のせいか、眠くなってきます。

それにしても、節子はどうして箱根が好きだったのでしょうか。
よく飽きもせずに、箱根に通いました。
節子がいなくなってから、仕事で私が箱根によく通い出すようになったのは皮肉な話です。

そろそろ私の出番の時間です。
会場に行くことにしましょう。

|

« ■シリアとタイと日本、どの国が一番、民主的だろうか | トップページ | ■節子への挽歌2280:これからの人生に必要ない物 »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2279:箱根:

« ■シリアとタイと日本、どの国が一番、民主的だろうか | トップページ | ■節子への挽歌2280:これからの人生に必要ない物 »