« ■節子への挽歌2269:節子、いろんな人に合いましたね | トップページ | ■常識を問い直す1:社会貢献という発想の傲慢さ »

2013/11/19

■古代天皇の長寿説に関心のある人はいませんか

日本書紀の記載では、古代天皇は極めて長寿だったとされています。
たとえば、初代の神武天皇は、52歳で即位し、在位期間は76年、したがって崩御した時には127歳と言うことになってしまいます。
神武から崇神までの10代まではその実在性も問われていますが、11代以降の天皇もその年齢にはいろいろと疑問があり、以前はよく話題になっていました。
それに関するいろんな解釈や説明もなされていました。
もっとも、最近はそういう話題はあまり聞きませんが。

その問題に果敢に取り組み、2つの仮説で編年を検証した結果、最古代の編年が600年も引き延ばされていることに気づいた人がいます。
いまからもう40年ほど前の話です。
その仮説は、古代史の泰斗である上田正昭さんや三品彰英さんに評価されながらも、ご本人の事情もあって、世に出る機会を失していました。
その方は、今はまったく別のテーマをライフワークにされていて、ご高齢にも関わらず、寝食を犠牲にしてまで、東奔西走されていますが、もう一度、40年前の仮説を誰かに聴いてほしいと思っています。

最近、私はそのことを知りました。
知った以上、見過ごすわけにはいきません。
その人に、話をしてもらう場をつくることにしました。
その人は京都在住ですので、東京に出てきてもらわなければいけません。
となると、私一人でお聞きするのは、申し訳ありません。
それで関心のある方を、少なくとも5人は集めようと考えました。
その研究者とは、現在、認知症予防ネット理事長の高林実結樹さんです。

お話をお聴きしたいという方がいたら、ご連絡ください。
5人の希望者が集まり次第、会を企画します。
よろしくお願いいたします。
連絡先は下記の通りです。
qzy00757@nifty.com

|

« ■節子への挽歌2269:節子、いろんな人に合いましたね | トップページ | ■常識を問い直す1:社会貢献という発想の傲慢さ »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/58603482

この記事へのトラックバック一覧です: ■古代天皇の長寿説に関心のある人はいませんか:

« ■節子への挽歌2269:節子、いろんな人に合いましたね | トップページ | ■常識を問い直す1:社会貢献という発想の傲慢さ »