« ■節子への挽歌2278:ハンナ・アーレントの愛 | トップページ | ■節子への挽歌2279:箱根 »

2013/11/28

■シリアとタイと日本、どの国が一番、民主的だろうか

最近、テレビを見ていて、思うことがあります。
シリアとタイと日本とで、どの国が一番、民主的と言えるのだろうかということです。
これまでずっと私は日本はとても民主的な国だと思ってきました。
今もかなりそう思ってはいるのですが、タイやシリアで国家政府に対して、果敢に異議申し立てを行っている人たちの様子をみていると、「民主的」とは何だろうかと考えてしまうのです。

日本は民主的な国だから、シリアやタイのような騒ぎを起こさなくてもいいのだとも言えますが、もし民が主権者なのであれば、政府の意向に異論があれば、行動を起こすはずです。
異論があっても政府の決定に従うようであれば、それは「国民主権」とはいえません。
つまり「民主的」ではないのではないか、と思うわけです。

|

« ■節子への挽歌2278:ハンナ・アーレントの愛 | トップページ | ■節子への挽歌2279:箱根 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/58660745

この記事へのトラックバック一覧です: ■シリアとタイと日本、どの国が一番、民主的だろうか:

« ■節子への挽歌2278:ハンナ・アーレントの愛 | トップページ | ■節子への挽歌2279:箱根 »