« ■会社は仲間たちの挑戦の場 | トップページ | ■節子への挽歌2269:節子、いろんな人に合いましたね »

2013/11/17

■節子への挽歌2268:年賀欠礼のハガキが届きだしました

節子
今日は黒岩比佐子さんの命日です。
昨日、知人が教えてくれました。
もう3年も経ちましたと言うべきか、まだ3年かと言うべきか。

これは私だけのことかもしれませんが、友人たちの死の時点の後先が次第にわからなくなります。
まるで、現世での時間が途切れてしまったように、旅立った日からの時間は誰も彼も同じように感じてしまうのです。
だから、「もう」と思ったり、「まだ」と思ったりしてしまうわけです。
誰かに言われなければ、年数などはわかりません。
若い友人たちも何人か見送りましたが、今となっては、誰が先で誰が後かも曖昧になってきています。
まあそんなものなのでしょう。

今年も年賀欠礼のハガキが届きだしました。
わが家も、そういえば、チビ太がいなくなったので、年賀欠礼です。
チビ太も、家族の一員でしたので。

寒い冬になりそうです。

|

« ■会社は仲間たちの挑戦の場 | トップページ | ■節子への挽歌2269:節子、いろんな人に合いましたね »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2268:年賀欠礼のハガキが届きだしました:

« ■会社は仲間たちの挑戦の場 | トップページ | ■節子への挽歌2269:節子、いろんな人に合いましたね »