« ■節子への挽歌2288:寒さに気が萎えています | トップページ | ■節子への挽歌2289:思いの先 »

2013/12/10

■「農業から考える支え合いの文化と仕組み」をテーマにしたサロン

「農業から考える支え合いの文化と仕組み」をテーマにしたサロンを開催します。

農業の「支え合い」には、人と人の支え合いもありますが、同時に人と自然との支え合いという意味もあります。
そんなことも踏まえて、支え合いの文化や仕組みを考えるとともに、農業の持つ効用への理解をさらに広げられればと思います。

問題提起は、アグリケア フェラインの事務局をやってくださっている、サンバッカス農場の遠藤さんです。
遠藤さんの体験的なお話をお聞きして、参加者で自由な話し合いができればと思います。
年末の迫った時期ではありますが、よかったらご参加ください。
誰でも歓迎の気楽なサロンです。

○日時:2013年12月19日(木曜日)午後7~9時
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://homepage2.nifty.com/CWS/cws-map.pdf
○テーマ:農業から考える支え合いの文化と仕組み
○会費:500円
○申込先:comcare@nifty.com

|

« ■節子への挽歌2288:寒さに気が萎えています | トップページ | ■節子への挽歌2289:思いの先 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/58731087

この記事へのトラックバック一覧です: ■「農業から考える支え合いの文化と仕組み」をテーマにしたサロン:

« ■節子への挽歌2288:寒さに気が萎えています | トップページ | ■節子への挽歌2289:思いの先 »