« ■節子への挽歌2301:元気が出てこない年末 | トップページ | ■汚れを正す仕組み »

2013/12/23

■節子への挽歌2302:食卓のガラスがなくなりました

節子
またひとつ、節子の思いのこもったものがわが家から消えました。
食卓のガラスです。
ひびが入ってしまったので、廃棄することにしました。

わが家の食卓は円形テーブルです。
食卓を円形にするかどうかは、家族でだいぶもめたのですが、節子の強い要望で、円形のテーブルになりました。
さらに節子の要望で、テーブルに合わせてガラスを上に置くことにしました。
これはわざわざガラス屋さんに頼んで加工してもらったものです。
節子には、思いのこだわりの深いものでした。

そのガラスが、今年の初めにひびが入ってしまったのです。
しばらくはガムテープで補修して使用していましたが、ひびがどんどん広がってしまったので、廃棄することにしました。
ところが、ごみに出すために、それを小さく割ろうとしたのですが、強化ガラスなので、金槌で叩いてもなかなか割れないのです。
そんな丈夫なガラスなのに、なぜひびが入ったのでしょうか。

ガラスをはずしたら、まっさらな食卓の木面が出てきました。
傷が全くありません。
娘のユカは、ガラスを置くことに強く反対していましたが、それは生活の記憶が刻まれないからと言う理由でした。
たしかに、その通りです。
あまりに無傷なので、ここで節子と一緒に食事をしてきた痕跡が見当たりません。
いささかさびしい気はします。

形あるものは、傷がつき壊れていきます。
それを止めようと思うのは、やはりやめたほうがいい。
改めて、そう思いました。

|

« ■節子への挽歌2301:元気が出てこない年末 | トップページ | ■汚れを正す仕組み »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2302:食卓のガラスがなくなりました:

« ■節子への挽歌2301:元気が出てこない年末 | トップページ | ■汚れを正す仕組み »