« ■ソーシャル・ガバナンスと成長する政策 | トップページ | ■「自殺に追い込まれる状況をどうしたらなくしていけるか」連続ラウンドセッション »

2014/02/16

■節子への挽歌2359:体調は戻りました

節子
2日間、自宅でゆっくりしたせいか、体調が戻りました。
胸の痛みも、ひざの痛みも、消えたようです。
私が「がたがただ」と書いたために、心配してメールしてくださった方もいますが、すみません。
すぐに書いてしまうのも、考えものです。
この思慮のなさも、節子からいつも注意されていたことです。
でもまあ近々、病院には行く予定です。

この2日間、自宅で何をやったかといえば、時評編にも書きましたが、韓国の歴史教科書(日本語訳)を小学校から高校まで3冊を読んでいました。
とても興味深かったです。
できれば、節子と行きたかったのが、韓国です。
ソウルではなく、韓国の慶州とか南の方です。
節子がいなくなったため海外旅行はやめましたので、もう行く機会はありませんが、いささかの心残りはあります。

もうひとつやったことは、録画していたテレビ番組「古寺名刹」の東福寺を観たことです。
東福寺には行ったことがありません。
娘から庭が良いと聞いていましたが、映像でもなかなかの庭でした。
なぜこんなに良いお寺に、節子と一緒に行かなかったのでしょうか。
理由は簡単で、節子とゆっくり京都と奈良を回ろうといっていた矢先の、節子の発病でした。
そして、必ず治ると確信していたがゆえに、一時、体調が回復した時にも、いつか二人でゆっくりと回ろうといっていた、奈良と京都には行かなかったのです。
あの頃の私の判断は、とんでもなく間違っていましたが、あの時はそれしか考えられませんでした。
行ってしまったら、それが最後の旅になってしまいそうだったのです。

韓国も京都にかぎりません。
節子と一緒に行こうといっていたのに、行けなかったところがたくさんあります。
2人が元気な40年近い時間を、私たちは一体、何をしていたのでしょうか。
後悔先に立たず、です。

できる時にやっておかないといけない、は節子の口癖だったはずなのに、どこでどう間違えてしまったのでしょうか。

|

« ■ソーシャル・ガバナンスと成長する政策 | トップページ | ■「自殺に追い込まれる状況をどうしたらなくしていけるか」連続ラウンドセッション »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2359:体調は戻りました:

« ■ソーシャル・ガバナンスと成長する政策 | トップページ | ■「自殺に追い込まれる状況をどうしたらなくしていけるか」連続ラウンドセッション »