« ■3.11と3.14 | トップページ | ■節子への挽歌2382:コートを着ないで出かけてしまいました »

2014/03/11

■節子への挽歌2381:自分の性格の悪さを感じます

節子
3回目の3.11です。
新聞やテレビで被災者の話にたくさん出会います。
私がいささかひねくれているのだろうと思いますが、たくさんの感動的な話を聞かされるたびに、どこか冷えた自分がいることに気づきます。
どこかで、そんなはずはない、と思っている自分を感じます。
被災者の痛みに寄り添うとかいう言葉にも、どこか違和感があります。
どうも最近、私の性格は悪くなっているようです。

しかし、他者の痛みに寄り添うって、いったいどういうことなのでしょうか。
よく聞く言葉ですが、よくわかりません。

今朝の朝日新聞の夕刊に、作家の古川日出男さんが、『怒りでは「共有」できない』という寄稿をしていました。
そこにこんな文章がありました。

僕たちは被災地の、その一人ひとりの方々の憤り――さまざまな形の憤り――を共有することはできない。それが「可能だ」と思い込む態度は、正直おこがましい。しかし、悲しみに寄り添うことならば可能ではないか。そして、被災地に無数の「楽しさ」が生まれる手助けをすることは、もっともっと可能ではないか。

共感する一方で、やはりどこかに違和感があります。
前半は同感なのですが、悲しみに寄り添うことなど、できるはずがないと、性格の悪い私は、今も思っているのです。

今日はつっけんどんな挽歌ですみません。

|

« ■3.11と3.14 | トップページ | ■節子への挽歌2382:コートを着ないで出かけてしまいました »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2381:自分の性格の悪さを感じます:

« ■3.11と3.14 | トップページ | ■節子への挽歌2382:コートを着ないで出かけてしまいました »