« ■組織にとって働く人の自殺問題をどう捉えるか | トップページ | ■STAP細胞論文の査読は誰がやったのか »

2014/03/14

■節子への挽歌2384:相談に振り回された1日

節子
今日もまた『愚痴』を書きます。
なんでこうも次々と問題が起こるのでしょうか。
もちろん私の周辺の話です。
この2日間、いろいろと忙しく、やるべきことがたまっていたのですが、今日はそれをやってしまおうと思っていたのに、またいろんな問題の相談がありました。
まずは朝の電話からです。
応援していた活動が少しずつ前に進んでいたので安心していたのですが、それがどんでん返しになってしまったというのです。
疲れていたせいか、ちょっとがっかりしてしまい、電話の相手に少しきつく当たってしまいました。
私のだめのところはすぐ感情に出るところです。

つづいて、今度はメールです。
おやおや、ちょっとばかり深刻な相談です。
さてさてどうするか。

それに取り組んでいるうちに、朝の電話への対応が気になってきました。
ほっておくよりもと思い、関係者に連絡をとりました。
しかしすぐには連絡は取れません。

といううちに、またまったく別の人からの電話です。
今日、会えないかというのです。
なぜか、別の人から、今日会えないかとメールも来ました。
まったく別の人です。

とまあ、なぜか今日は相談が多いのです。
ちょっと疲れすぎて、これ以上、受け入れる気にはなれません。

夕方、朝の電話の関係者と連絡がつきました。
私の心配が杞憂だったことがわかりました。
関係者みんなに連絡して、軌道修正し、一件落着しました。
その代わりに、私のやる液事が少し増えました。

メールの相談は、これもほぼ解決。
会いたいという人には、いずれも来週にしてもらいました。
そういえば、昨日、フェイスブックでも相談があり、新幹線から返信しておきました。
これもかなり深刻な相談です。
その後の報告がありません。
無事だといいのですが。
でも確認する元気が出ません。
まあ、そんなこんなで、今日は朝から何も出来ずに終わってしまいました。
今日中にやる約束のことが3つもあったのですが、もう取り組む気にはなれません。

節子
どうにかならないものでしょうか。
昔と違って、最近は疲れてしまいます。
もうメールを見るのはやめましょう。
際限がありません。
今日は、どうも運の悪い日だったのかもしれません。
明日はゆっくりしたいものです。

|

« ■組織にとって働く人の自殺問題をどう捉えるか | トップページ | ■STAP細胞論文の査読は誰がやったのか »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2384:相談に振り回された1日:

« ■組織にとって働く人の自殺問題をどう捉えるか | トップページ | ■STAP細胞論文の査読は誰がやったのか »