« ■会社で働く人の自殺の問題を考える話し合いのご案内 | トップページ | ■子どもたちをうまく育てられなくなっている »

2014/03/07

■節子への挽歌2377:心が冷えると地球も冷える?

節子
相変わらず寒さが続いています。
地球温暖化が叫ばれていますが、私はむしろ地球は大きな流れとしては寒冷化に向っているように思っています。
まあ、それはそれとして。

あるメーリングリストで、地球は温暖化しているのに、人々の心は冷却化しているという投稿がありました。
たしかにそんな気がします。
心が冷えるのは、健康にもよくありません。
私たちの周辺には、心のあったかな人たちがあふれかえっていたような気がしますが、最近、私自身が冷えだしたのか、何か様子が少し変わってきました。
みんな余裕がなくなってきたのでしょうか。
いや、私自身がそうなのかもしれません。
そして、そのせいか、最近、どうも寒さがこたえるようになってきてしまいました。
あっためてくれる節子もいないので、寒さはもろに心身を冷やしてしまうわけです。

地球の温暖化は二酸化炭素のせいだという俗説が、日本では流行っていますが、地球の寒冷化は人の心が冷え切ったためかもしれません。
いや、因果関係は逆かもしれません。
事実、二酸化炭素の増加と地球温暖化の因果関係は、むしろ温暖化が原因で二酸化炭素が結果だという説もあります。
私はそれに共感していますが、同じことが、冷却化にも言えるかもしれません。
つまり、最近の日本は、人の心が冷えてきたので、気候も寒くなってしまった。
私には、何かとても説得力があります。
みなさんはどうでしょうか。

それにしても、最近は、心底から心身が冷えてしまいそうな、悲しい事件が増えています。
私の心身が冷えているために、そうした事件が心に残るのでしょうか。
必ずしもそうではないような気がします。
節子
節子がいた頃よりも、明らかに社会は壊れてきています。
そんな気がしてなりません。


|

« ■会社で働く人の自殺の問題を考える話し合いのご案内 | トップページ | ■子どもたちをうまく育てられなくなっている »

妻への挽歌12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2377:心が冷えると地球も冷える?:

« ■会社で働く人の自殺の問題を考える話し合いのご案内 | トップページ | ■子どもたちをうまく育てられなくなっている »