« ■節子への挽歌2591:常識に無知だったのかもしれない | トップページ | ■節子への挽歌2592:重荷をシェアするということ »

2014/10/04

■ある一点

昨日、ある人からスプーン曲げの方法を教わりました。
彼は超能力などないんですよ、というのですが、私は超能力や超常現象を確信しています。
というよりも、人間の理解できる範囲など小さなものだと考えていますので、正確には「超」ではなく、まだ説明できないことがあると考えているだけですが。

ところで、昨日教えてもらったスプーン曲げの方法は、極めて論理的な方法ですポイントは「ある一点」に注目することです。

Facebookにも書いたのですが、「ある一点」に注目するということは、スプーンを曲げるためだけに大切なことではありません。
実は昨日から箱根で、いろんな企業の人たちと、「企業は今のままでいいのか」をテーマにした合宿をしていますが、まさに企業を変えるためにも、社会を変えるためにも、それを可能にする「ある一点」を見つけ出すことが出発点です。
ところが、その一点がなかなか見つけられないのです。

伝授されたスプーン曲げのもう一つのポイントは、力を入れる方向です。
これも、多くの場合、間違っているのかもしれません。

超能力などなくてもできることはいろいろあるようです。

|

« ■節子への挽歌2591:常識に無知だったのかもしれない | トップページ | ■節子への挽歌2592:重荷をシェアするということ »

無駄話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/60419286

この記事へのトラックバック一覧です: ■ある一点:

« ■節子への挽歌2591:常識に無知だったのかもしれない | トップページ | ■節子への挽歌2592:重荷をシェアするということ »