« ■節子への挽歌2642:ヒューマニズムが見たい | トップページ | ■「誰一人まともな人はいない」 »

2014/11/27

■節子への挽歌2643:病気の節子のことを思い出すと辛くなります

節子
入院中のTさんから電話がありました。
10日の予定が延び延びになっていて、もう40日を超えていました。
様子を訊く勇気もなく待っていましたが、そろそろ見舞いに行こうかと思っていた矢先です。
正直、今でも私には、病院への見舞いは結構ストレスなのです。
そのTさんからの電話でした。
元気そうな声で、疲れ切った感じの私の声を聞いて、逆に心配されてしまったほどです。
「そういえば佐藤さんのほうが年上だよね」と言われました。
それで、私も、「まあ歳の順にしたいよね」と答えましたが。
Tさんは、節子のこともとても心配してくれた人ですが、節子亡き後の私のことも心配してくれているのです。まあ、「たぶん」ですが。

Tさんからの電話は朗報ですが、これまた節子もよく知っているKさんからは、気管支ぜんそくで入院していたという電話がありました。
気管支ぜんそくと言えば、節子もとても悩まされた病気で、2回も入院しています。
その時の節子のことは思い出すだけでもつらいものがあります。
病気に関する節子の思い出もたくさんあります。
あまり思い出したくない記憶ですが。
病気の節子のことを思い出すと辛くなります

私は、入院経験は親知らず歯を抜くとき一度経験しただけです。
入院と言っても気楽な入院でした。
病気に関しては、当事者になったことがないのです。
だからきっと入院に関する感受性は弱いでしょう。
人は体験しないことは、理解はできても感じられないものです。

昨夜、娘に勧められたサプリメントを飲んで寝たら、体調が回復していました。
体調が戻ったら、今日は天気も良くなりました。
私の大好きな広くて深い青空です。
Tさんは見ていないでしょうね。

|

« ■節子への挽歌2642:ヒューマニズムが見たい | トップページ | ■「誰一人まともな人はいない」 »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2643:病気の節子のことを思い出すと辛くなります:

« ■節子への挽歌2642:ヒューマニズムが見たい | トップページ | ■「誰一人まともな人はいない」 »