« ■柳田國男の願い | トップページ | ■節子への挽歌2649:ラムセスヒルトン »

2014/12/02

■節子への挽歌2648:陽だまりの中の無為

節子
体調の関係もあって、この1か月はあまり人には会いませんでした。
正確に言えば、人と会わない日が多かったということです。
いささか人嫌いになってきているからです。

土との触れ合いも少なかったです。
天候のせいもありますが、畑に行く気が起きませんでした。
幸いに、この季節になると野草もあまり生えてこないのです。

これほど自宅に居る日が多かったのは、節子を見送ってからの1年以来かもしれません。
あの頃は、友人たちが何かと私を引き出してくれましたが、最近はそれもあまりありません。
しかし、考えてみれば、これが歳相応ということなのかもしれません。

今日は午後から在宅していましたが、適度な陽当たりの気持ちの良い午後でした。
陽だまりの中でお茶を飲みながら無為に過ごす。
それこそが、人生の最高の行き着き先かもしれません。
事実、私はそれを望んでいました。
しかし、それをひとりで演ずることは、いかにも退屈なのです。
一人で無為を楽しむ境地には、まだ辿りつけていないようです。

しかし、平和な午後でした。
人生とは実にうまくできていて、素直に生きていると、自然と幕が下りていくのかもしれません。

|

« ■柳田國男の願い | トップページ | ■節子への挽歌2649:ラムセスヒルトン »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2648:陽だまりの中の無為:

« ■柳田國男の願い | トップページ | ■節子への挽歌2649:ラムセスヒルトン »