« ■節子への挽歌2650:夫婦喧嘩 | トップページ | ■「大政翼賛会に抗した40人」 »

2014/12/04

■節子への挽歌2651:死は終わりではなく始まり

節子
とても重い、重い,でも、元気をもらえる本を読みました。
松永正訓さんの「小児がん外科医」です。
松永さんにある問いかけをしたら、「がんの話は佐藤さんには無理だろうから、ここだけを」といって付箋をつけて送ってくださったのです。
松永さんの、そのお心遣いに感謝しながら、そのページをまずは読んだのですが、結局、全部を読むことになりました。
松永さんの悲しみや厳しさへの姿勢に、感動しながらです。
4日かかりりましたが、松永さんの強さと優しさに改めて感服しました。

松永さんはたくさんの「死」に立ち会っています。
そして、たくさんのことを学んでいる。
そして、こう書いています。

死は何かの終わりではありません。
何かが終わる死というものは存在しない。
死から何かが始まることもある。
愛する人の死は、決して終わりではなくはじまり。
いまの私は、素直にうなずけます。
しかし、その始まりを前に進めることが難しい。
もしかしたら、どこかに、始めたくない自分がいるのかもしれません。

先日観た「おみおくりの作法」と重ねて、考えると、やはり頭が混乱してきます。

|

« ■節子への挽歌2650:夫婦喧嘩 | トップページ | ■「大政翼賛会に抗した40人」 »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2651:死は終わりではなく始まり:

« ■節子への挽歌2650:夫婦喧嘩 | トップページ | ■「大政翼賛会に抗した40人」 »