« ■節子への挽歌2671:ごまどうふ | トップページ | ■節子への挽歌2673:年の瀬の気分がしません »

2014/12/24

■節子への挽歌2672:花かご会のカレンダー

節子
今年も花かご会のカレンダーを山田さんが届けてくれました。
花かご会は、我孫子駅の南口前の花壇の整備をしているグループです。
節子もそのメンバーだった関係で、メンバーのみなさんが時々、わが家にまで花を供えに来てくれました。
定期的に駅前花壇の整備をしている姿をみますが、年末に向けて、今はきれいに仕上がっています。
花壇にどう花を植えるかの計画を立てている節子を思い出します。
そういう時に節子はいつも幸せそうでした。

節子にとっては、花かご会はとても大切な仲間でした。
心残りは、最後に皆さんがお見舞いに来てくださった時に、節子の調子がとても悪くて、会ってもらえなかったことです。
節子は、みなさんには元気な姿を覚えておいてほしかったのでしょう。
私が取り次いだところ、今日は会いたくないと言うので驚きました。
その時には私もきっとまた会ってもらえる時が来ると思っていました。
しかし、その時は来ませんでした。
それがよかったのかどうか、いまもわかりません。

節子の病床の枕元には、いつも花かご会のみなさんが一人ひとり書いてきてくださったメッセージが貼られていました。
節子を支えてくれたみなさんなので、いまも私は深く感謝しています。
それなのに、今年は一度も差し入れにもいきませんでした。

その花かご会のメンバーも少しずつ欠けてきているようです。
こういうところにも時間が過ぎていくのを感じます。

|

« ■節子への挽歌2671:ごまどうふ | トップページ | ■節子への挽歌2673:年の瀬の気分がしません »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2672:花かご会のカレンダー:

« ■節子への挽歌2671:ごまどうふ | トップページ | ■節子への挽歌2673:年の瀬の気分がしません »