« ■事前投票に行ってきました | トップページ | ■節子への挽歌2660:たくさんの人に会う夢を見ました »

2014/12/11

■節子への挽歌2659:アメ横を素通りしました

節子
昨日はオフィスの帰りにアメ横を歩いてみました。
以前とはかなり様子が変わっていました。

ところで、御徒町からアメ横に入ったのですが、入り口に長い行列がありました。
なんだろうと思ってみたら、宝くじ売り場でした。
御徒町の駅の近くの宝くじ売り場には誰もいなかったのですが。
その行列を見て、宝くじを買うことにしました。
しかし、並ぶのは嫌いなので、だれも並んでいない売り場を見つけようと思いました。
上野駅の近くに売り場があったのを思い出しました。

アメ横はやはりにぎわっていましたが、外国の人が多かったです。
以前よりも何やら面白い雰囲気は消えてしまったような気がします。
目立って多くなったのは、何かが食べられる場所です。
売り場はあまり活気がありませんでした。
まだ時間が早すぎたのかもしれません。

上野駅の近くの宝くじ売り場は、閉まっていました。
「外出中」と書いてありました。
そんなわけで、残念ながら宝くじは変えませんでした。
今年もまた幸運を逃がしたかもしれません。
宝くじが当たったら、やりたいことがいろいろとあるのですが。

上野駅も久しぶりでしたので、少し構内を歩いてみました。
節子が好きだった雑貨屋はなくなっていました。
季節のせいか、どこも華やいで見えました。
そういえば、多くの人にはボーナスが出たところですね。
わが家には関係ない話ですが、それでもみんながうれしい時期は、なんとなく私までうれしくなるものです。

結局、何も買わずに帰宅しました。
今年も地味な年末になりそうです。
節子がいなくなってからは、いつも地味ですが。

|

« ■事前投票に行ってきました | トップページ | ■節子への挽歌2660:たくさんの人に会う夢を見ました »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2659:アメ横を素通りしました:

« ■事前投票に行ってきました | トップページ | ■節子への挽歌2660:たくさんの人に会う夢を見ました »