« ■ヘンリー・スティムソンの知恵(2015年1月3日) | トップページ | ■節子への挽歌2683:湯島天神にお詣りしました »

2015/01/03

■節子への挽歌2682:何かを共有していると思えれば、人は会わなくてもいいのかもしれません。

節子
今日は朝からゆったりしています。
そうなったのは、たぶん暖かな陽射しのせいです。
窓から見える手賀沼の湖面が、きらきらととてもきれいでした。
この光景が節子は大好きだったのを思い出します。
天候や自然の景色は。心身に大きな影響を与えます。
まるで、今日が元旦のような感じがしてきました。

広島のOさんが、電話してきてくれました。
いろいろとお話したのですが、最後にはっと気づきました。
私はOさんに一度もお会いしていないのです。
一度も会ったこともないのに、Oさんは私がブログなどに弱音を書くと電話で元気づけてくれます。
いつぞやは美味しいお米まで送ってきてくれました。
そのお米のご飯を食べると、私が元気になると思ってくれたのです。
それで、ついついお会いしたことがあるという感じになってしまうのですが、会ったことは一度もありません。
実に不思議な関係です。
今年はお会いでしたいですね、と電話で話し合いましたが、離れているのでそう簡単には会えません。

そういえば、鳥取にも、一度もお会いしていないのに、よくメールをくれる方がいます。
人は会わなくても、心を通わせ会えるのかもしれません。

年賀状を見て、この人とはもう20年以上も会っていないなと気づくことがあります。
なかには40年ほど会っていない人もいます。
それでも、関係はつづいています。

スイスのYさんは、娘は長い旅行だといいました。
手賀沼の湖面を見ながら、節子もこの光景を見ているような気がしました。
何かを共有していると思えれば、人は会わなくてもいいのかもしれません。
いずれにしろ、そのうち、彼岸で会えるのですから。

と思いながらも、やはり会いたい気分は残ります。
そのせいか、今朝、節子の夢を見ました。
あまり良い夢ではなかったのですが。

|

« ■ヘンリー・スティムソンの知恵(2015年1月3日) | トップページ | ■節子への挽歌2683:湯島天神にお詣りしました »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2682:何かを共有していると思えれば、人は会わなくてもいいのかもしれません。:

« ■ヘンリー・スティムソンの知恵(2015年1月3日) | トップページ | ■節子への挽歌2683:湯島天神にお詣りしました »