« ■メアリー・カルドーの提言 | トップページ | ■節子への挽歌2703:「おい、暇か?」 »

2015/01/24

■節子への挽歌2702:なぜか体調がいいので心配です

節子
どうも節子に再会する時期がまた延びそうです。
私の本意ではないのですが。

先日書いたかもしれませんが、マクロビオティックに取り組んでいるおふたりの方から玄米食を勧められて、敦賀の義姉に頼んで送ってもらいました。
玄米食など修さんには無理だよと言いながらも、送ってくれたのですが、食べてみたらこれがおいしいのです。
前に食べた時はダメだったような記憶がありますが、なぜでしょうか。
玄米食にすると長生きすると言われたので、あまり乗り気ではなかったのですが、まあ食べることにしました。
でも毎日ではなく、白米と日替わりにしようと思いますので、さほど長生きにはならないと思っていました。

ところが、一昨日、やってきた宇賀さんたちが、ステビアの茎や葉でつくったものを飲むと、さらに長生きするというのです。
長生きは好みではないというと、長生きしてもらわないと困りますと叱られました。
いやはや人生はうまくいきません。
それまで飲むと、さらに節子との再会が遅れることになります。
困ったものです。
それで海洋はうやむやにしておきました。
私は、一応言葉に出したことは守ることにしているものですから。

実はあんまり良いニュースではないのですが、今年になってから体調がなぜかいいのです。
いろんなところに問題は発生していますが、昨年の中頃とは大違いです。
昨年の中頃は、もしかしたら意外と早いかもと思ったりしていますが、状況が一変してしまったのです。
そのうえ、玄米とステビアです。

そして、さらに悪いのは、何やら相変わらず時間がとられてしまう相談が増えているのです。
まあ、相談に応じるだけであれば、そう問題はないのですが、何か話を聞くと相手が思っている以上のことをやりたくなってしまうのです。
今年はきちんと対価をもらう仕事をして、身辺を整理しようと思っているのですが、どうもそういうことにはなかなかなりません。

こういうと、何やら忙しそうに思うかもしれませんが、実際には暇で暇でしょうがないほど忙しいのです。
私には忙しいと暇は同義語なのです。
節子はたぶん理解してくれるでしょうが。

昨日も今日も暇すぎて、挽歌を書けずにいましたので、まとめて書いてしまいます。

|

« ■メアリー・カルドーの提言 | トップページ | ■節子への挽歌2703:「おい、暇か?」 »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2702:なぜか体調がいいので心配です:

« ■メアリー・カルドーの提言 | トップページ | ■節子への挽歌2703:「おい、暇か?」 »