« ■節子への挽歌2715:デュークエイセス | トップページ | ■人間ロボット社会 »

2015/02/07

■TBS報道特集「検証イスラム国人質事件」が明らかにしたこと

今日のTBS報道特集「検証 イスラム国人質事件」は衝撃的でした。
新しい発見が少なからずありました。
政府が意図していたことが明白に示されたように思います。
日本政府が考えている「安全保障」が一義的には国民のためではないこと。
またアメリカがやはり日本の政府の上位にあること。
安部首相と菅官房長官の非道さです。
岸田外相も加えるべきでしょう。
沖縄県知事にも会おうとしない2人の姿勢と通ずるものがあります。
こんな人たちに日本の未来をゆだねた私たちは、イソップ物語の蛙たちと同じレベルなのかもしれません。
原発事故の結果を従容と受けざるを得ないと同じように、彼らの暴挙もまた私たちが引き起こしたことを忘れてはなりません。
そんな人たちと同じ時代を生きていることに私は厭世観を高めているのですが、たぶん私も同じように蛙の次元なのでしょう。

ほぼ同じ時間に、WOWWOWで、昨年話題になった「ハンナ・アーレント」を放映していました。
それがとても象徴的でした。
昨年観た時には、いささか期待外れに感じたのですが、もう一度ゆっくりと観てみようと思います。

TBS報道特集が報じた新事実は、本来であれば政権をさえ揺さぶるだろうと思いますが、結果は逆になる恐れもあります。
報道ステーションから古賀さんが外されたという話も聞きますが、キャスターの日下部さんや金平さんが外されないことを祈るばかりです。

|

« ■節子への挽歌2715:デュークエイセス | トップページ | ■人間ロボット社会 »

マスコミ時評」カテゴリの記事

平和時評」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/61100574

この記事へのトラックバック一覧です: ■TBS報道特集「検証イスラム国人質事件」が明らかにしたこと:

» ジェラルド・セレンテ - アメリカ: 殺人株式会社 [マスコミに載らない海外記事]
2015年2月3日ジェラルド・セレンテ ゲスト・コラム - ジェラルド・セレンテ - アメリカ: 殺人株式会社 Paul Craig Roberts この記事で、ジェラルド・セレンテは映画“アメリカン・スナイパー”が明かしてくれるアメリカ文化を要約している。“例外的な国民”の文化は、野蛮で、残忍で、邪悪だ。 “誇り高い... [続きを読む]

受信: 2015/02/09 22:35

« ■節子への挽歌2715:デュークエイセス | トップページ | ■人間ロボット社会 »