« ■節子への挽歌2764:ユリとバラ | トップページ | ■自死問題に取り組む「あゆみあいネット」の立ち上げからのお話を聴きに来ませんか »

2015/04/13

■節子への挽歌2765:感受性を高めなければいけません

節子
最近また、偶然の一致が周りで起こりだしまいた。
まあ小さな話が多いのですが、例えば、昨日、テレビに録画していた松本清張の「砂の器」を見ました。
玉木宏と小林薫の2011年版(テレビ朝日)です。
前にも見ているのですが、なぜかまた見たくなったので、録画していたのです。
そこに、島根県の亀嵩という場所が出てきます。

今日、杉原さんと食事をしたのですが、杉原さんの地方転居の話になりました。
前から聞きいていましたが、どこに行くのかは詳しくは聞いていませんでした。
ところが、その場所が亀嵩だというのです。
おやおや。

ある集まりのゲストが決まりませんでした。
苦肉の策として、あの人に相談してみようかと思っていたら、その人からメールが来ました。
しかも今度の集まりに話をさせてくれないかというメールです。
もちろん喜んでお願いしました。
などなど。

まあ、いずれも大した一致ではありませんが、時々、こういう時期がやってきます。
なにかが起こるかもしれません。
こういう時には、感受性を高めておかなければいけません。
気が弱まっているために、何か見落としていることがあるのかもしれません。
なにかが始まるといいのですが。
どうも最近は退屈で仕方がありません。

|

« ■節子への挽歌2764:ユリとバラ | トップページ | ■自死問題に取り組む「あゆみあいネット」の立ち上げからのお話を聴きに来ませんか »

妻への挽歌14」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2765:感受性を高めなければいけません:

« ■節子への挽歌2764:ユリとバラ | トップページ | ■自死問題に取り組む「あゆみあいネット」の立ち上げからのお話を聴きに来ませんか »