« ■節子への挽歌 2825:生きるための「労働」への無関心への反省 | トップページ | ■体験したものの責任 »

2015/07/05

■7月10日の「ちょっと不思議なカフェサロン」に参加しませんか?

先日、ご案内した「ちょっと不思議なカフェサロン」ですが、テーマがいささか大きすぎたせいか、参加者がなかなか集まりません。
それでもう一度、ご案内させてもらいます。

千葉の白井市で、農カフェ「OMOしろい」をやっている宇賀さんご夫妻は、「ステビア農法」(これも魅力的な不思議な農法です)を基本に置いた、安全でおいしい、元気な野菜を全国に広げたいという活動に取り組んでいます。
しかも、そうした取り組みを、障がいを持つ人たちと一緒にやっていこうと考えています。
働き方に関しても新しい挑戦を続け、みんなで新しい企業を楽しく実現していこうとしています。

今回の集まりは、そうした活動に取り組む宇賀さんたちから、「農業と福祉の世界に大きな風を起こそうという構想」を話してもらい、みんなでいろいろと話し合おうという企画です。
テーマはいろいろあります。
「家族」「働き方」「障がい者自立支援」「農業」「食の安全」、そして「コミュニティ」。
どこに重点が行くかは、参加者の関心次第です。
だから「ちょっと不思議」なサロンなのです。

いささか生きにくくなっている現代社会を、少しでも暮らしやすく楽しい社会に変えていきたい。
そのために、誰もが、楽しく、支え合いながら、働き、生きていける「大きな家族」コミュニティを、みんなで一緒につくりたい、というのが宇賀さんたちの願いです。
いまはまだ、その基盤づくりの段階ですが、その構想をみなさんにお話しして、アドバイスをもらったり、一緒に活動に取り組む仲間を広げたり、あるいはさらに構想を広げたりしたいと、宇賀さんご夫妻は考えています。

そんなわけで、ぜひ多くの人に参加していただきたいと思っています。
これまで湯島のサロンに参加したことのない人も大歓迎です。

○日時:2015年7月10日(金曜日)午後6時半~9時
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://homepage2.nifty.com/CWS/cws-map.pdf
○テーマ:「農業と福祉の世界に大きな風を起こそう」
○問題提起者:宇賀夫妻(「農カフェ「OMOしろい」主宰」
○スタイル:30分ほど宇賀さんたちの構想をお話してもらい、あとはみんなでわいわいがやがや話し合いたいと思います。
○会費:500円

|

« ■節子への挽歌 2825:生きるための「労働」への無関心への反省 | トップページ | ■体験したものの責任 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/61841136

この記事へのトラックバック一覧です: ■7月10日の「ちょっと不思議なカフェサロン」に参加しませんか?:

« ■節子への挽歌 2825:生きるための「労働」への無関心への反省 | トップページ | ■体験したものの責任 »