« ■醜の王国 | トップページ | ■節子への挽歌2859:私を受け止めてくれる空気 »

2015/07/28

■節子への挽歌2858:琉球朝顔

節子
節子がいなくなってから、わが家の庭から消えてしまった植物は多いのですが、新たにやってきたものも少しですがあります。
そのひとつが、琉球朝顔です。

湯島のオフィスにいく途中に、毎年、見事な朝顔が咲きます。
咲きだしたのは、節子が湯島に行かなくなってからです。
その朝顔を見るたびに、わが家にもこんな朝顔があるといいなと思っていました。
それを知ってか知らずか、娘が玄関に、この朝顔を植えました。
1年目は咲いたのですが、北向きで日当たりが悪かったので、翌年はダメでした。
それで2階のベランダに植えてみましたが、あまりの手入れ不足で枯らしてしまいました。
そして今年は、庭に植えることにしました。
2本植えたのですが、1本はどうもモグラに球根をかじられたようで、あまり元気がありません。
でも一本のほうは、元気で、毎朝、いくつかの花を咲かせます。
それも、節子の献花台の近くで花を咲かせるのです。
写真に撮ってみました。
Asagao

本来は、上に向かってどんどんと伸びていくのですが、わが家では横に向かって延びるようにしています。
朝顔にはきっと不本意なことでしょう。
でも献花台を包むようにしてくれているので、私にはうれしいです。
そういえば、最近、節子の献花台への花もおろそかになっています。
下の畑からとってきた百日草を、後で挿しました。

昨日、この献花台の前のテーブルで、読書をしていたら、朝顔のところにキアゲハが飛んできて、蜜を吸っていました。
それで読書をやめて、あとは自然の中でボーっとしていたのですが、いつのまにかうとうとしていました。
喉が渇いたので、部屋に戻りましたが、腕に小さなカマキリの子どもがついているのに気づきました。
目が合いましたが、こんなにかわいいカマキリの子どもははじめてでした。
箱に入れて、飼いたくなりましたが、やはりそれはよくないので、庭の草の中に放してきました。
大きなカマキリはかわいくありませんが、子供のカマキリはとてもかわいいのです。

昨日は、そんな感じで、自然の中にいたのですが、今日はそういうわけにもいきません。
しかし、5時から動き出したためか、もういささか疲労気味です。
あんまり張り切ってはいけません。
ほどほどにしなければいけません。

今日も湿度の高い暑い日になりそうです。

|

« ■醜の王国 | トップページ | ■節子への挽歌2859:私を受け止めてくれる空気 »

妻への挽歌15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2858:琉球朝顔:

« ■醜の王国 | トップページ | ■節子への挽歌2859:私を受け止めてくれる空気 »