« ■節子への挽歌2845:観音の里の高月メロン | トップページ | ■節子への挽歌2846:蜂からも蟻からも嫌われてしまいました »

2015/07/20

■ちょっとハードなカフェサロン「団体組織の仕組みの解明」のお誘い

7月のちょっとハードなカフェサロンは、「日本における団体組織の仕組みの解明」というテーマで、杉本泰治さんの問題提起をもとに話し合いをしたいと思います。
杉本さんは、技術者であると同時に、法律にも造詣が深く、またNPO法人科学技術倫理フォーラムを立ち上げて、日本に「科学技術者の倫理」の問題を考える道筋をつけられた方でもあります。

杉本さんのテーマに関する思いを下記します。

●団体組織の仕組みの解明
──「坂の上の雲」を見て日本法は何をしてきたか

司馬遼太郎描く『坂の上の雲』の時代、軍事を担った秋山好古・真之兄弟と同じ世代の人たちが、列強との不平等条約の改正を目標に、西洋法の原理による法制の創設に取り組んだ。民法では、論点の一つに「パートナーシップ」があった。そこを原点として、団体組織の法の基礎理論が育ち、諸分野の団体組織研究を先導するはずのところ、それから百年、そうならなかった。「団体」の概念があいまいなまま、「団体」中心に考え、「個人」の行動に目を向けなかったことが、妨げとなった可能性がある。
人が集合するプロセスのモデル図によって集合の法則性を示し、団体の実体というのは、個人の集合からなるコミュニティにあたること、従来の論議には、団体の業務執行組織の欠落があることなど、団体組織の基本的な仕組みを明らかにする。

このカフェサロンは、「人間を起点とする社会」を話し合おうという視点で始まったものです。
「ちょっとハードな」とあるので、敷居が高く感ずる方もいるかもしれませんが、誰でも歓迎の気楽なサロンです。
コーヒーを飲みに来るくらいの気持ちで、遊びに来てください。
これまで来たことのない人も、もちろん大歓迎です。
みなさんの参加をお待ちします。

○日時:2015年7月25日(土曜日)午後3時半~5時半
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://homepage2.nifty.com/CWS/cws-map.pdf
○テーマ:「団体組織の仕組みの解明」
○問題提起者:杉本泰治さん
○スタイル:30~40分ほどの問題提起の話の後、みんなで話し合う。
○会費:500円
○申込・問合せ先:qzy00757@nifty.com

|

« ■節子への挽歌2845:観音の里の高月メロン | トップページ | ■節子への挽歌2846:蜂からも蟻からも嫌われてしまいました »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/61924992

この記事へのトラックバック一覧です: ■ちょっとハードなカフェサロン「団体組織の仕組みの解明」のお誘い:

« ■節子への挽歌2845:観音の里の高月メロン | トップページ | ■節子への挽歌2846:蜂からも蟻からも嫌われてしまいました »