« ■節子への挽歌2943:とかく人の世は住みにくい | トップページ | ■節子への挽歌2945:心にポッカリ穴が空いた感じ »

2015/09/28

■節子への挽歌2944:スーパームーンをみながらの月見鍋

節子
昨日は中秋の名月でしたが、今日は、昨日よりも月が大きく見えるスーパームーンだそうです。
それでむすめたちと庭で月を見ながらの食事でした。
メニューはロウソクの灯のもとでの月見鍋。
おいしかったです。

節子はこういうのが大好きでしたが、節子がいなくなってからはあまりやらなくなっていました。
どういう風の吹き回しか、ユカがセットし、ジュンも参加してくれました。
庭から正面に月が見えていました。
たしかに明るい月でした。
そのせいで、星はあまり見えませんでした。

節子がいなくなってから9年目に入りました。
節子が残してくれた文化は、まだ残っています。
節子も写真で参加しました。
節子の話もいろいろ出ました。

節子が逝ってから、もう9年。
もうそんなに時間がったのか、不思議な気がします。

|

« ■節子への挽歌2943:とかく人の世は住みにくい | トップページ | ■節子への挽歌2945:心にポッカリ穴が空いた感じ »

妻への挽歌15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2944:スーパームーンをみながらの月見鍋:

« ■節子への挽歌2943:とかく人の世は住みにくい | トップページ | ■節子への挽歌2945:心にポッカリ穴が空いた感じ »