« ■節子への挽歌2975:空の向こうに何があるか | トップページ | ■疑念1:お金で統治する政府への納税嫌悪感 »

2015/10/26

■節子への挽歌2976:節子への電話

節子
いまでもまだ、節子に電話がかかってくることがあります。
セールスの関係が多いのですが、今日は資産活用のお誘いでした。
資産活用や先物取引、株式投資などは、普通は私あてにかかってきます。
私は、そういうのに結構乗せられるタイプなのですが、いまは幸いなことに「資産が皆無」なので大丈夫です。

いまかかってきた電話は、なぜか節子をご指名でした。
節子さんはいますか、と訊かれました。
男性でしたが、なれなれしそうな電話でした。
もしかしたら、節子の友人かもしれません。
それで話を聞くことにしました。
今ちょっといないのですが、と答えると、いつごろ帰りますかと訊かれました。
しばらくは帰らないと思いますと答え、それでどういうご用件でしょうかと、また質問しました。
そうしたら、株式投資のいい話があるのですが、というのです。
残念、やはりセールスか、とちょっとがっかりしました。
それで、女房は全く関心がないと思いますよ、と答えました。
そうしたら、相手はいろいろと話し出したのです。
めんどうになったので、女房には株式投資をするのは無理だと思いますので、切らせてもらいますと言って、電話を切りました。
相手はまだ話し続けていましたが、切ってしまいました。
娘に話したら、またきっとかかってくるよ、きちんと事実を伝えれば、かかってこないのに、と言われました。
しかし、私としては、嘘を言ったつもりはないのです。

さてこういう時にはどうすべきでしょうか。
後で伝えておきますと言って、用件を聞くのもいいかもしれません。
これも嘘にはならないでしょう。
まあ伝えるのはかなり先にはなりますが。

それにしても在宅していると、この種の電話が本当に多いのに驚きます。
固定電話は、もうやめたい気分になるほどです。
電話セールスを禁止してもらえないものでしょうか。

ちなみに節子宛てのDMもまだ来ます。
世の中には無駄な活動をしている人たちが多いようです。

|

« ■節子への挽歌2975:空の向こうに何があるか | トップページ | ■疑念1:お金で統治する政府への納税嫌悪感 »

妻への挽歌15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2976:節子への電話:

» 臆病で卑劣なアメリカの売女マスコミ [マスコミに載らない海外記事]
2015年2月5日 Paul Craig Roberts 交戦地帯でヘリコプターに搭乗していた話をしたあるアメリカ人ジャーナリストについて、世論が沸騰している。ヘリコプターは撃たれ、着陸せざるを得なかった。どの交戦地帯で、いつのことかは知らない。アメリカは余りに多くの交戦地帯を生み出したので、その全部を把握し続けるのは... [続きを読む]

受信: 2015/10/27 00:18

« ■節子への挽歌2975:空の向こうに何があるか | トップページ | ■疑念1:お金で統治する政府への納税嫌悪感 »