« ■節子への挽歌2965:さて明日は何を着ていこうか | トップページ | ■建築散歩ツアー入間編の報告 »

2015/10/17

■節子への挽歌2966:節子と歩いていると退屈はしませんでした

節子
今日は久しぶりに西武線に乗り、昔住んでいた保谷を通りました。
その先の入間市で建物散歩ツアーを企画したのです。
その道の名人の若林さんに頼んで、入間市を歩きました。
友人たちも5人、参加してくれました。

入間と言えば、まだ保谷に住んでいた時に、基地に花見に来たことがあります。
しかし、その時のイメージは全くなく、駅のまわりは高層のマンション群に囲まれていました。
しかし、街のなかには懐かしさを覚える建物が散在していました。

よく歩きました。
節子がいたら一緒に来たでしょう。
節子は街歩きが好きでした。
面白そうなお店があるとすぐに入り込み、きれいな庭があると声をかける。
節子と歩いていると、退屈はしませんでした。
そんなことを思い出しながら、今日はみんなで歩いてきました。

久しぶりに長く歩いたので、足が痛くなりました。
いい汗もかきました。
いろんな問題から1日解放されていたせいか、とても気持ちの良い1日でした。
こんな1日は、本当に久しぶりです。
友人たちに感謝しなければいけません。

|

« ■節子への挽歌2965:さて明日は何を着ていこうか | トップページ | ■建築散歩ツアー入間編の報告 »

妻への挽歌15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌2966:節子と歩いていると退屈はしませんでした:

« ■節子への挽歌2965:さて明日は何を着ていこうか | トップページ | ■建築散歩ツアー入間編の報告 »