« ■節子への挽歌3037:今年もいろんな人が湯島に来てくれました | トップページ | カフェサロン「教育を中核としたまちづくり」報告 »

2015/12/27

■節子への挽歌3038:今日は大掃除です

節子
寒いですが、いい天気です。
今日は自宅で大掃除です。
といっても、たぶん途中で挫折しますが、ともかく今年は「混乱の1年」でしたので、自宅での私のまわりも「ゴミ屋敷」状態なのです。
節子がいた時であれば、今年はわが家の大晦日は1週間遅らそうなどとも言えたのですが、いまはたとえ言ったところで娘からは無視されてしまいます。
時計をもたない私としては、カレンダーもなくしたいのですが、やはりパソコンまわりの書類の山積み状況や寝室の衣服の山積み状況を見ると、何とかしないといけないと思わないわけにはいきません。

最近は、衣服もあまり買っていないので、いつも同じものを着ています。
節子が知ったら注意されるでしょうが、ほぼ毎日、同じようなものを着ています。
在宅時も外出時も同じです。
私には、いろんなものを着こなすという文化がありません。
気にいると、そればかり着用し、気にいらなくなるともはやそれは着用しません。
ですから基本的に同じものを複数購入するわけですが、最近はあまり買っていないので、しかたなく数年前に買ったものをひっぱり出して、来ているわけです。
幸いに、気にいらなくなったものも処分せずに放置していたため、それができるわけですが。

こんなことを書くと、節子がいたら、みっともないから消去しろと言われるのですが、幸いに今は娘もこの挽歌をほとんど読まないので、この記事は残るでしょう。
事実をきちんと書くことは、決してみっともないことではありません。
みっともないのは嘘を書くことですが、これは節子にさえなかなかわかってもらえませんでした。
いずれにしろ、私の生活費には衣料費はほとんどありません。
そういえば、医療費もあんまりないです。
食費もないし、お酒も飲まないので嗜好品費もありません。
本当にお金を使わない生き方です。

昨年までは寄付とかクラウドファンディングとかに協力していましたが、今年から原則としてやめることにしました。
ささやかながら関わっている世界が広いためにきりがないというのも理由の一つですが、気分的になんとなくやめたくなったのです。
ですから今年はかなりの不義理もしてしまったかもしれません。

何を書いているかわからなくなりました。
要はやはり掃除がしたくなくて、パソコンに向かってしまったのかもしれません。
困ったものです。
さて大掃除を始めましょう。
いい天気ですので。

|

« ■節子への挽歌3037:今年もいろんな人が湯島に来てくれました | トップページ | カフェサロン「教育を中核としたまちづくり」報告 »

妻への挽歌16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3038:今日は大掃除です:

« ■節子への挽歌3037:今年もいろんな人が湯島に来てくれました | トップページ | カフェサロン「教育を中核としたまちづくり」報告 »