« ■節子への挽歌3050:良い年を目指すか、怠惰な暮らしを目指すか | トップページ | ■節子への挽歌3051:人間とはバラを楽しむもの »

2016/01/09

■ちょっとハードなカフェサロン「フランクフルト学派と市民性」のご案内

昨年、「ドラッカーとナチスと市民性」をテーマにした「ちょっとハードなカフェサロン」を開催しましたが、そこで話題になったフランクフルト学派の近代批判をテーマに、「市民性」を考えるサロンを開催します。

フランクフルト学派とは、人間が自然や人間を支配し搾取する構造を持つ西欧近代の思想を批判し、1960年代の若者たちの運動や新しいコミュニティ論に影響を与えてきた一群の思想家です。
今回は、社会学史研究者の楠秀樹さんから、40分ほどフランクフルト学派の話をしてもらい、それをベースに、現代日本の社会のありようや課題、さらに前回田中さんが提起した「市民性」に関しての気楽な話し合いができればと思います。

こう書いてくると何やら小難しそうですが、勉強会ではなくカフェサロンですので、いつものように、気楽な話し合いにしたいと思います。
フランクフルト学派などは名前も聞いたことがないという人こそ、大歓迎です。
いまいささか袋小路に入っている感のある社会について、ちょっと違った視点で、話し合い、それぞれの気づきを得られる場になればと思います。
11月にサロンをした田中さんと16日に「サービス文明論」のサロンをする坪田さんも、議論に参加してくれる予定です。

みなさんの参加をお待ちします。

○日時:2016年2月13日(土曜日)午後3時半~6時
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://homepage2.nifty.com/CWS/cws-map.pdf
○テーマ:「フランクフルト学派と市民性」
○問題提起者:楠秀樹さん(社会学史研究者:東京理科大学講師)
○スタイル:楠さんのお話の後、田中さん、坪田さんからコメントしてもらった後、みんなで話し合いたいと思います。
○会費:500円
○申込・問合せ先:qzy00757@nifty.com

|

« ■節子への挽歌3050:良い年を目指すか、怠惰な暮らしを目指すか | トップページ | ■節子への挽歌3051:人間とはバラを楽しむもの »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/63032835

この記事へのトラックバック一覧です: ■ちょっとハードなカフェサロン「フランクフルト学派と市民性」のご案内:

« ■節子への挽歌3050:良い年を目指すか、怠惰な暮らしを目指すか | トップページ | ■節子への挽歌3051:人間とはバラを楽しむもの »