« ■節子への挽歌3047:私の両親が節子を呼んだのかもしれません | トップページ | ■いま政治に求められているのは「ビジョン」ではないのか »

2016/01/06

■今年最初のカフェサロン「サービス文明論を語ろう」のお誘い

今年最初のカフェサロンは、新年にふさわしく、少し壮大なテーマにしました。
資本主義に代わる、次の文明を考えようという話です。

常々、そんな問題を考えてきた坪田さんに問題提起をしてもらいます。
坪田さんからのメッセージを紹介します。

 リーマンショックで資本主義の限界が見えました。
 次の文明はどうなるのでしょう?
 私(坪田)は、「サービス文明の到来」を確信しています。
 アマゾンで電子出版している「サービス文明論」の概要をお話しし、
 皆さんのお考えを伺いたいと思います。

新年早々の開催ですが、ぜひ多くの人に坪田さんのビジョンを聞いていただき、今年の人生設計のも役立ててもらえればと思っています。

なお、坪田さんの「サービス文明の到来」(電子出版)は次のサイトに紹介があります。
http://book.symphocity.jp/ebooks/service.html

みなさんの参加をお待ちします。

○日時:2016年1月16日(土曜日)午後1時~3時
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://homepage2.nifty.com/CWS/cws-map.pdf
○テーマ:「サービス文明論」を語ろう
○問題提起者:坪田知己さん(元日本経済新聞記者、京都工芸繊維大学特任教授)
○会費:500円
○申込・問合せ先:qzy00757@nifty.com

|

« ■節子への挽歌3047:私の両親が節子を呼んだのかもしれません | トップページ | ■いま政治に求められているのは「ビジョン」ではないのか »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/63014424

この記事へのトラックバック一覧です: ■今年最初のカフェサロン「サービス文明論を語ろう」のお誘い:

« ■節子への挽歌3047:私の両親が節子を呼んだのかもしれません | トップページ | ■いま政治に求められているのは「ビジョン」ではないのか »