« ■節子への挽歌3089:信の純粋性と主伴無礙 | トップページ | ■節子への挽歌3091:「父は空 母は大地」原画展で篠崎さんに会いました »

2016/02/24

■節子への挽歌3090:暇で暇で仕方がない

節子
今日も寒いです。
朝からいろんなことがありました。
少しずつですが、ようやく今年もいい方向に動き出した気がします。
まわりが元気になると私も元気になっていけそうです。

それにしても、最近はみんな忙しそうです。
私の体験では、忙しい時ほど、何もしていない。
こんなことを言うと、叱られそうですが、そんな気がしてなりません。

何もすることがなくて暇なこともあれば、忙しすぎて暇なこともある。
私のこの考えは、なかなかほかの人にはわかってもらえませんが、私はいつも気分的には「暇で暇で仕方がない」のです。
だからと言って、時間が余っているわけではありません。
むしろ時間はもう少し欲しいのですが、大切なことや充実感があることが見つけられずにいるのです。
趣味に没頭できればいいのですが、趣味の世界もいまは全くありません。
社会的に役立つことに熱中できれば、それも幸せです。
しかし、そもそも最近は、私には「社会」が見えなくなってきてしまっています。
心身を忘れるほどに熱中できるものが見つけられないでいます。

何かに没頭できないというのは、退屈な生き方です。
忙しさと没頭は、これもまったく逆の概念でしょう。

うまく言えませんが、ともかく私はいま、人生に退屈していると言うべきでしょうか。
ともかく「暇で暇で仕方がない」。
大切だと思えることがないのです。
節子がいなくなって、これが一番の変化です。
どうやってここから抜け出せるか。
でも、少しずつちょっと先が見えてきたような気がします。
そろそろ暇な生き方からは抜け出たいものです。

今日も数名の人たちに会います。
私の生き方を変えてくれる人に出会えるでしょうか。
出会えるといいのですが。

そろそろ出かけます。

|

« ■節子への挽歌3089:信の純粋性と主伴無礙 | トップページ | ■節子への挽歌3091:「父は空 母は大地」原画展で篠崎さんに会いました »

妻への挽歌16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3090:暇で暇で仕方がない:

« ■節子への挽歌3089:信の純粋性と主伴無礙 | トップページ | ■節子への挽歌3091:「父は空 母は大地」原画展で篠崎さんに会いました »