« ■「みんなの社会教育ってなんだろう」 | トップページ | ■節子への挽歌3096:声の相性 »

2016/02/28

■節子への挽歌3095:琵琶湖の小鮎の佃煮

節子
まるでブラックフォールに引き込まれるように、悪夢はつづいています。
今度は節子も知っている友人からの思いもしなかった知らせです。
いったいどうなっているのでしょうか。
そうしたなかで、いろんな相談事に今日も振り回されました。
こんな言い方は誠実ではありませんが。

先日、久しぶりにメールしてきた滋賀の松井さんが、自分のところでつくった「琵琶湖の小鮎の佃煮」を送ってきてくれました。
節子はこれが好物でした。
生家の近くの琵琶湖畔のお店で売っている、小鮎の佃煮も買ってきたことがありますが、やはり塩津の魚助の小鮎がおいしいと言っていました。
そんなことを思い出しました。
早速、節子にもお供えしました。
今日の数少ないうれしいことです。

明日は、少しゆっくりと休みたいです。

|

« ■「みんなの社会教育ってなんだろう」 | トップページ | ■節子への挽歌3096:声の相性 »

妻への挽歌16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3095:琵琶湖の小鮎の佃煮:

« ■「みんなの社会教育ってなんだろう」 | トップページ | ■節子への挽歌3096:声の相性 »