« ■節子への挽歌3129:節子はいつもうれしい思いをしてくれていたはずです | トップページ | ■節子への挽歌3131:「過去の私」や「未来の私」が声をかけてくる »

2016/03/29

■3130:今年初めての「ホーホケキョ」

節子
今日、今年初めての鶯の「ホーホケキョ」の声を聴きました。
残念ながら、耳の右で聴いてしまいました。
まあ最近の私にはふさわしいのですが、ちょっと残念です。

自宅でもよく鶯の声を聴きますが、今年はまだです。
節子がいなくなって数年は、自宅で毎朝、鶯の「ホーホケキョ」がうるさいほどでした。
節子は、鳥になって戻ってくると言っていましたので、あれは節子だったのかもしれません。
そう言う思いがあったので、「ホーホケキョ」が特に気になったのかもしれません。
しかし、最近はあまり気にならなくなっていました。
外の世界は、自らの意識によって大きく変わってくるものです。
とりわけ音はそうかもしれません。

今朝、聴いたのは、自宅ではなく、駅に向かう道の途中です。
近くにいたお年寄りが、あれ、鶯だと声に出していました。
その方も、今年初めてだったのかもしれません。
そして、「ホーホケキョ」は、ただの一回だけでした。
もしかしたら、あれは、私へのエールだったのかもしれません。
例年になく、ちょっと早いですし。

|

« ■節子への挽歌3129:節子はいつもうれしい思いをしてくれていたはずです | トップページ | ■節子への挽歌3131:「過去の私」や「未来の私」が声をかけてくる »

妻への挽歌16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■3130:今年初めての「ホーホケキョ」:

« ■節子への挽歌3129:節子はいつもうれしい思いをしてくれていたはずです | トップページ | ■節子への挽歌3131:「過去の私」や「未来の私」が声をかけてくる »