« ■節子への挽歌3215:支離滅裂な1日 | トップページ | ■イギリスの悲喜劇は日本では起こらないだろうか »

2016/06/25

■みんカフェ湯島6月の報告

今日の「みんカフェ」(みんなのゆる~いカフェ)は異色の組み合わせでした。
初めての方も2人参加してくれました。
一人は20代の若者ですが、実に見事と思える、20代を過ごしてきたWさんです。
さまざまな問題を解決しながら、いろんな事情で延期せざるを得なかった「目標」に向かって、いままた進んでいます。
彼の見事な生き方は、多くの若者たちにも聞かせたかったです。
私は、こんな若者がいるのだと、感激しました。
もしかしたら、若者は本当はみんな彼のようなのかもしれません。

もうひとりは、北陸に帰っていたIさんです。
彼女は数年前に私の前に現れ、私たちがやっている活動を手伝ってくれた後、故郷の富山に戻りました。
そのIさんが、予告なしに参加してくれたのです。
わざわざ新幹線で来てくれました。
今年から、彼女が目指していた仕事に関われるようになったそうです。
これほどうれしいことはありません。
久しぶりに会った彼女は、前とは違い、とても穏やかな表情でした。
彼女もまた、みずからの目標に向かって着実に進んでいます。

もうひとり飛び入り参加がありました。
サロンの後にお約束していた私よりもご高齢の女性ですが、
早目に来たので、参加してもらいました。
なんとベリーダンスをやっているそうです。
その話から、日本にはなぜ「ハグ文化」がないのだろうというような話になりました。

常連の4人も加え、今回も、ゆる~いカフェは気持ちのいいサロンになりました。
20160625


|

« ■節子への挽歌3215:支離滅裂な1日 | トップページ | ■イギリスの悲喜劇は日本では起こらないだろうか »

お誘い」カテゴリの記事

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/63836835

この記事へのトラックバック一覧です: ■みんカフェ湯島6月の報告:

« ■節子への挽歌3215:支離滅裂な1日 | トップページ | ■イギリスの悲喜劇は日本では起こらないだろうか »